■プロフィール

ことけけ

Author:ことけけ
目指すのはジャンガリアンな生き様。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
最後



週末にVECSTARに乗って大津まで行ってきた。

VECSTARを売るため。




VECSTARに乗るまで、125ccのスクーターがこんなにもよく走るものだとは知らなかった。

80km/hをキープできる。

コーナーでもヨレない。

服装や履物に制約を受けず、荷物も手軽にポイっと大量に積める。

維持費は安くて、燃費も良い。

大津まで僕の家からだと90kmくらいはあるんだけど、別に苦にならない。

郊外の道路は70km/hくらいで流せるし(大体前の車に詰まってしまう)、市街地の混雑した交差点はすり抜け出来る。

50の原付ほど小さくなくて安定感と快適性が確保されていながら、250のスクーターほど大きくなくて取回しが楽。絶妙な大きさ。

大型バイクだとここまで気負わずに走るのは無理。

つまり、高速道路を走れない事以外で大きな問題が出てこない。

移動手段としてこれほど優れた乗り物は無いと思った。

大津まで走りながら、やっぱり125のスクーターは素晴らしいって思った。



だから僕はVECSTARに乗り続けるつもりでメンテナンスしたり、修理したり、苦労してボックスをつけたりしてきた。

だけど、ある日ふと思ったんだ。


何か燃えない。


晴れた日に運転すると気持ち良いけど、何か違う。

僕が求めているものってこういうものじゃない。

便利なのがダメって言う訳じゃない。

こういうのはアリだと思う。

ただ、僕が求めているものとは違うんじゃないかって思った。

最初は目新しくて面白かったけど、そのうち意味も無く無性に乗りたいっていう様には思わなくなった。


別にお金も掛からないし、このまま置いておいても良かったんだけど、特別思い入れが有る訳でもないし、どうせならもっと有意義に使った方が良いんじゃないかな。

オークションに出品したら、関西の人が落札してくれた。

中間地点の大津で引渡ししましょうって事になった。

最後に新しいオーナーとVECSTARの写真を撮ろうと思ってて忘れてしまった。

大津辺りはスクーターを良く見かける。

京都も多かった。

VECSTARもこれから関西の街を走るんだろう。



いろいろ面白かったし、いろいろ学ぶ事もあって良い経験をさせてもらったけど、VECSTARのネタはこれで最後です。






スポンサーサイト
スズキ VECSTAR125 | 08:19:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
VECSTAR125 エンジンOH 1



手元に来た時は走行距離900kmだったし(9000kmじゃないよ900km!)、外観も綺麗だったし、スクーターだし、手間も金もかける気はさらさら無かった。

ブログにも頻繁に取り上げるつもりもなかったけど、どういう訳か次々ネタが出てくるので、とうとう「VECSTAR125」っていう独立したテーマを設ける事にした。


僕の所へ来た時から、マフラーから煙吐いてた。

そのうち幾分治まったけど、やっぱり若干エンジンオイルが燃えている。

見る見るオイルが減る訳でも無いし、面倒だからこのまま乗ろうかと思ってたんだけど、バイクの師匠Sさんが言うには「オイルが燃えると凄いカーボンが溜まる」らしい。

なんでこんな事ばっかりやってんだろ?




マフラーから煙を吐くっていう症状は、以前バイクで散々やった。

恐らくバルブステムシールじゃないかと思う。

ピストンリング(オイルリング)も怪しいけど、どうせエンジン開けなきゃいけないなら同時交換しとくべき。

問題なのは、「スクーター」だってこと。

エンジンバラす以前に、外装を外すのが大変。

サービスマニュアル(整備手順や必要なデータ数値が記載された整備書)を手に入れるべきなんだけど、オークションで見る限り8千円前後もする。

Sさんと相談した結果、「無くても良いんじゃね?」という事になった。

どうしても必要になった時に手に入れれば良いんじゃないかって。


ネットで調べたけど、バラし方の詳細を書いている人は見つけられなかった。

ただ、エンジン載せたまま腰上OH出来るという事と、タペットクリアランスの数値は分かった。

後は自力で何とかするよ。



以前キャブレターをOHする時に外装を外しているので、ある程度は分かるし、2回目なので多少は要領を得ている。

それでも外装を外し、エンジンにアクセス出来る状態にするまで何だかんだで1時間半くらい掛かった。



シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングス-VECSTAR OH1
外装を外した状態。

これでエンジンを触れるはず。

リヤのカウルも外した方が作業はやりやすいだろうけど、キャリア等を外さないといけないから面倒なのでそのまま。



シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングス-VECSTAR OH2
VECSTAR125のエンジン。

ここまでの作業で問題なのは、+ネジを多用している事。

しかもM6の+ネジ(少し大きめ、という事は締め付けも強い)。

空冷カバーやインテークマニホールド等がM6の+ネジで留められていて、奥まっているから作業もやりにくく、ナメやすい。

奥まっているから、ナメるとリカバリーするのが困難。

滅多な事では使わないインパクトドライバーを2、3回使った。

この車両はかなり程度が良い状態だからまだしも、雨天走行とか屋外保管の車両で年数が経っていると、もっと作業が困難になるはず。



さて、次はいよいよエンジンをバラしにかかります。







スズキ VECSTAR125 | 06:43:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
VECSTAR125 エンジンOH 2



煙を吐くVECSTAR125。

エンジン開けてみるよ。





シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングス-VECSTAR OH3
エンジン右側。

強制空冷のカバーを外すと、フライホイールと冷却ファンが現れる。

フライホイール、むき出しなのね。

タイミングマークは前側。

フライホイールのマークをココに合わせると、上死点になる。





シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングス-VECSTAR OH4
ヘッドカバーを開けた所。

SOHCの2バルブ。

カムチェーンスプロケットに筋状の合わせマークが入ってる。

組み付けする時は、先ほどのフライホイールのマークを合わせた状態で、カムチェーンスプロケットのマークをヘッド上面の面に合わせる。

この辺りの合わせ方が心配だったけど、DR800とあんまり変わらない。

カムチェーンテンショナーはラチェットになっていて、取り外さないと戻らない。

知らずにスプリングだけ抜いてたけど、それではカムチェーンが緩まない。

スプロケットとカムシャフトをバラしてから気が付いたけど、テンショナーを丸ごと外せばカムシャフトはそのまま外せたかもしれない。




シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングス-VECSTAR OH5
ヘッドとシリンダーを外す。

変な隠しボルトも無いから、何事もなく外せる。

縦型エンジンじゃないからカムチェーンをクランクケースに落っことしてしまう様な事は無いけど、クランク側のスプロケットから外れてしまうと掛け直すのが厄介そうだから、おもりを付けてテンションを掛けておく。

ピストン出てきた。普通のピストン。

ダメージを受けている様な感じはしない。

900kmにしてはカーボン溜まり過ぎ。

リングの良し悪しは見ただけでは分からない。

バルブステムシールだけなら、シリンダーまで外す必要は無いけど、DR800ではピストンリングで酷い目に遭った。

こんな作業何度も繰り返したくない。

リングだけ部品として出るんだから交換しておく。


ちなみに、リングの固着を期待して、WAKOSのFUEL1を入れてみた。

吸気側が綺麗なのはその為かも。

まぁ、結局走行距離900km程度でリングが固着するほど酷いカーボンやスラッジは溜まらないだろうからムダな足掻きだったんだけど。




シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングス-VECSTAR OH6
燃焼室。

カーボンいっぱい。

シリンダーヘッドは冷却風を通す為に中空になってる。

観察すると面白い。



シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングス-VECSTAR OH9
排気ポート。

Sさんの言うとおり、オイルが燃えると凄いカーボンが溜まる。

このまま乗り続けても結局ダメだっただろうな。

程度が軽いうちにOHしといて良かったのかもね。




シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングス-VECSTAR OH7
シリンダーヘッドのバルブ周り。

ほとんど走ってないから、すこぶる綺麗。

DRとはあまりに大きさが違うから、バルブスプリングコンプレッサーが使えない。

小さいからって素手で押さえても緩む様なものじゃない。

どうやってバラそう?




シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングス-VECSTAR OH8
シリンダーも綺麗。

何か変な穴が有る。

クランクケースのブリーザー?から排気ポートに繋がってるみたいな?

排ガス浄化の機構?




シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングス-VECSTAR OH10
百均の小物入れに、分解する部位毎にボルトを仕分けして入れておく。

みんな一緒くたにしちゃうと、組み立てる時にボルトが分からなくなるから。




必要な部品をパーツリストから拾い出す。

当初はピストンリングとバルブステムシール、あとヘッドガスケットくらいで良いかな?って思ってたけど、よくよく見てみると結構必要な部品多い。

再利用出来るガスケット類も有るだろうけど、なんせ面倒くさいから失敗したくない。

大した金額じゃないだろうけど、数が増えるとそこそこかかるかも。


ここまでやるなら、普通なら150ccのパーツか、社外品のボアアップキットを組んでしまうんだろうけど(VECSTARは125と150が有る)、なんせほとんど走ってないからノーマルのまま戻すことに。


面倒くさいけど、その気になればそんなに時間は掛からない(有る程度の知識や経験は必要だろうけど)。

やり始めれば、これはこれで面白い。

やらずに済めばそれに越したこと無いんだけど。








スズキ VECSTAR125 | 06:41:44 | トラックバック(0) | コメント(2)
VECSTAR125 エンジンOH3



一通りバラして、必要な部品を頼んで、その間に溜まったカーボンを掃除。



シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングス-VECSTAR OH11
ヘッド綺麗になった。

新しいカーボンみたいで、比較的簡単に取れた。

僕が乗り始めてからのオイルが原因みたい。


シリンダーも掃除して、固着したガスケットを取り除く。

今回は上手いことベースガスケットが全てシリンダー側にくっついてきてくれた。

シリンダーは取り外すから作業もしやすい。

クランクケース側に残ってしまうと作業がやりにくい。




部品が届いたから組み立てる。

まずはピストンリング。

古いリングを外し、新しいリングを組み付ける。

トップリングとセカンドリングは違うから注意(サイズが違うから一目で分かる)。

更に、上下が有るから組み付け時に注意。

上側には刻印が有る。

古いリングに比べると、新しいリングは張りがある。

少々値が張る部品だけど、交換しておいて良かった。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングス-VECSTAR OH12
次にバルブステムシール。

これもヘタってそう。

画像は新品のシール。




シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングス-VECSTAR OH13
バルブステムシールを取り付けるとこんな感じ。

バルブガイドの先端に付く。




シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングス-VECSTAR OH14
バルブを組み立てるとこんな感じ。

今回は知り合いからバルブスプリングコンプレッサー(バルブの分解/組み立てに使う特殊工具)を借りて作業した。

ちゃんとした専用工具は作業しやすい。




シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングス-VECSTAR OH15
燃焼室側。

綺麗になったよ。




シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングス-マイクロロン アセンブリ ルブリカント
組み立て時に、稼動部、摺動部に、マイクロロン アセンブリー ルブリカント  を使う。

エンジンOH時にはモリブデングリスを使って組付けするのがセオリーだけど、専用の組付けペーストを使うと尚良いんじゃないかという素人考え。

VECSTARの為にわざわざ買った訳ではなく、以前SRX-6とDR800のエンジンOH時に買ったもの。

薄く伸びるからあんまり減らないし、単気筒エンジンのOHくらいではなかなか減らない。

すごく小さな容器だけど、8400円もする。

ビッグシングルのOHの為に奮発したんだけど、正直WAKOSのASP(エンジン組付けペースト)の方が安くて大きくて信頼性が高そうなので、今から買うならそちらがお勧め。




ガスケット類は新品に、オイルラインやカムチェーンテンショナーのガスケット、カムスプロケットのロックワッシャ、シリンダーヘッドのスタッドの銅ワッシャー、インテークマニホールドのOリングなど、細かな交換部品が結構有る。

それらを交換して組み立て。

エンジンとキャブ、マフラーまで組付けた状態で一度エンジンをかけてみる。

すんなりと始動。

アイドリングも安定してる。


しばらく間を空けると、どういう手順でバラしたか忘れてしまうし、どこにどのボルトが使われていたか忘れてしまう。

なるべく一気に作業してしまいたい。

外装を外す際に、取り外したビスを車体につけて置くと、組み立てる時に悩まなくて済む。

外装はタッピングビスが使われている所が多く、相手側がクリップ状の薄鉄板だったりするから外れて無くしかねない。

外したビスを軽くねじ込んで置けば、相手側のクリップも無くさなくて済む。


外装を戻して、軽く試運転。

エンジンは軽くスムーズに回る気がする。

アイドリングも安定してる。

軽く慣らしをしながら様子を見る事にして、今回の作業は終了です。

なんとかGWに間に合ったけど、GWは仕事だよ┐( ̄ヘ ̄)┌




11173-20E00  ガスケット,シリンダヘッドカバー  1個

09161-11008  ワッシャ(ヘッドカバー)  1個

09168-08021  ガスケット(シリンダヘッドスタッド)4個

09280-32006  Oリング(インマニ)  1個

11141-20E00  ガスケット,シリンダヘッド  1個

11241-20E01  ガスケット,シリンダ  1個

09168-08008  ガスケット(オイルライン)  2個

12140-20E10  リングセット,ピストン  1セット

12747-30A01  ワッシャ,スプロケット  1個

09289-05011  オイルシール(バルブステム)  2個

12837-19B10  ガスケット,テンションアジャスタ  1個

02122-06163  スクリュ(インマニ)  2個


トータルで5200円。

部品は注文する業者やショップによって金額が多少異なります。

ピストンリグセットが高かったけど(2千数百円)、他はそれほど高くない。

それと、エンジンオイル ホンダS9 1L 1580円。

総計6780円也。



部品の注文、整備等は自己責任でお願いします。

番号や品名、金額や手順が間違ってても責任は負いません。







スズキ VECSTAR125 | 06:39:22 | トラックバック(0) | コメント(2)
慣らし



仕事で中途半端に時間が空いたので、先日エンジンをOHしたVECSTAR125の慣らし。

主要な交換部品はピストンリングとバルブステムシールくらいだけど、慣らしって必要だよね?

回転数が分からないけど、とりあえず50km/h前後で走ってみる・・・




トロい。

50km/hってなんだ。

いくら125ccのスクーターでも、慣らしでは50ccと変わらない。


って思ってたら、どういう訳か車があんまり追い越さない。

なぜ?

気兼ねして思いきり左の端っこを走っているのに。

追い越して行く時も、すぐ脇を走らずに車間を空けてくれる。

125だと大柄だから警戒してるのかなぁ。

それとも、みんな連休中ののどかなドライブだからなのかなぁ。

平日の通勤時間帯なんて殺気立ってるのに。

GWの浮かれっぷりの凄さ。

それは助かるんだけど、早く慣らしを終わらせて流れに乗れるに越した事ないよ。



で、どれくらいの間慣らし運転すれば良いんだろ?

ピストンリングだけだから、そんなにおおげさにする必要ないよね?

うーん、200kmくらい走れば良いのかな・・・?












って、原付で200kmってハンパ無いんすけど(´д`lll)






嫌気が差してきてバイクのお師匠さんに尋ねてみたら、


「まぁ全開にせずに普通に走れば良いんじゃね?」


って言ってた。

気になるなら、控えめに100kmも走れば充分じゃないの。って。

まぁ、キッチリ50km/hでなければいけないというものでもないし、ちょっとくらい回したからといって壊れるというものでもないだろうけど。

100kmまでは抑えて、徐々に回していくとか。

どうせ故障しない限りは慣らしの効果なんて分らないんだし。



普通のバイクや車なら、普通に走っているだけで慣らしになるのに、普段からすぐに全開になってしまう原付の慣らしはしんどいよ。

でも頑張って150kmくらい走った。

これでやっと普通に走れる。






スズキ VECSTAR125 | 06:42:47 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。