■プロフィール

ことけけ

Author:ことけけ
目指すのはジャンガリアンな生き様。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
夜叉ヶ池に行きました



会社の知人から「夜叉ヶ池に行こう」って誘われた。

週末は子供の用事が色々あるんだけど、僕も前から一回行ってみたいと思ってた所だから、なんとか都合を付けて出掛ける事にした。


秋晴れの良い天気。

秋の週末でこんなコディションは滅多に無いかもしれない。

夜叉ヶ池は、以前エンデューロレースに出ていた揖斐郡揖斐川町坂内村の「坂内バイクランド」のもっと奥にある。

朝9時に麓の駐車場に到着。


シングル・スマイル ver ブロぐ すっかりストリングス時々4弦-夜叉ヶ池1
駐車場は大きくない。

9時ではもういっぱいかと思ったけど、かろうじて停めれた。

その後車が続々と来ていたから、すぐにいっぱいになってしまったと思う。

道中にも夜叉ヶ池にもトイレは無いから、ここで済ませておく。



シングル・スマイル ver ブロぐ すっかりストリングス時々4弦-夜叉ヶ池2
道中は整備された歩きやすい登山道(遊歩道並み)が続く。

沢を何度か渡り、アップダウンを繰り返し、10月も終わりの山なのに暑い。



シングル・スマイル ver ブロぐ すっかりストリングス時々4弦-夜叉ヶ池3
なんか大した事無い登山道だなって思ってたら、最後に岩壁が。

結構険しい上に急激な上り。

ここに来て本格的登山気分。

行楽シーズンで登山客も多いけど、すれ違いが困難だから朝登って昼過ぎに降りるっていう様に皆に同調した方が進みやすい。



シングル・スマイル ver ブロぐ すっかりストリングス時々4弦-夜叉ヶ池4
目的地の夜叉ヶ池。

流れ込む沢も無ければ、流れ出す所も無いけど水位を保ってる不思議な池。




暑くもなく寒くもなく、天気も良くて、眺めも良いし、登山気分も味わえて、とても満足でした。






スポンサーサイト
ブログ | 19:33:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
ゆびつかい



先日から不調のベースをなんとか出来ないものか色々考えてたんだけど、まず何が問題なのか突き止めないといけないよね。

それで、よく観察してみたんだけど、ビビるCOBRANは若干逆反り気味に見える。

もう1つのARIAは若干順反り気味。

なんだよ。ウチにはまともなベースが1つも無いじゃないか。


しかもCOBRANの場合、1、2弦付近は反ってない様に見える。

もう少し詳しく見ると、4弦側の2フレット辺りがほんの僅かに盛り上がってる様な感じ。

フレットじゃなくてネックから。

ネックが部分的(かなり局部的)に波打ってる?


そんなの直せないじゃないかって思ったんだけど、とりあえずでも若干順反り気味にしてやればビビりを抑える事が出来るんじゃないのかな?

そうだ。トラスロッドで調整すれば良いんだよ。

素人は決して触れてはいけないというトラスロッド。

愛用しているアコースティックギターとか、自分のベースが20万円もするような物ならおいそれと触らないんだけど、3千円で買った、それも現状問題が有るベースなんだから最悪でも失うのは3千円。

自分でイジる事に躊躇う必要なんか無いじゃん。


一応ネックの状態の調べ方とか、一般的な弦高の数値とかを調べて、トラスロッドを触ってみる。

COBRANはヘッド部分のカバーの中に有る。

関係ないけど、中古のベースで時々このトラスロッドカバーが欠品の物が有ったりするんだけど、何をどうすればこんな物無くすんだろう?

カバーを留めるビスならまだ分からなくも無いけど、カバーそのものが無いって一体どんだけ無頓着なの?

それはさておき、カバーを外すと六角レンチを使うものではなく、スパナで回す六角のナット(雌ネジ)が出てきた。

2面幅7mmのレンチを使う。

奥まっててレンチの振り幅が少ないから、メガネレンチで回す。

ネット上では「チューニングした状態で回せ」って書いてあったけど、そうすると2弦と3弦が邪魔でレンチが回せない。

やむを得ず2弦と3弦だけ緩めて隙間を空けた。

「時計方向に回すと順反りになる」って書いてあったから回してみると、ビビリが余計に酷くなった。

COBRANの場合は、締めこむ方向(時計回り)に回すとネックが逆反り方向に、緩める方向(反時計回り)に回すと順反り方向になるみたい。

若干緩める方向に回してみる。

チューニングして、ブリッジ側で弦高を調整して弾いてみると、前よりはビビらなくなった。

状態が落ち着くまでしばらく様子を見る事にする。


あと、今更なんだけど、気になったのが右手(右の指の)弾き方の問題。

指で弾いてるんだけど、良く考えたら「指で弾く」以外に具体的にどうやったら良いのか細かい事まで僕は知らなかった。

だって、弦を横方向に弾くのと、縦方向に弾くのでは当然縦方向の方がビビりやすいよね。

縦に振幅するから。

だから、ビビさせるのが嫌なら、真横に弾けば良い?

指の使い方とか、フォームとか、そういうのは解説しているサイトも見かけるんだけど、じゃあそれでどういう角度で弾けば良いのか?っていうのはなかなか書いてない。

いろいろ見てみて、このブログの記事 を読むとなんとなく理解しやすい気がした。

やっぱり横に弾けって事だね。



これで今まで凄く耳障りだったビビり音がしなくなったんだけど、今度はフィンガーノイズ(左手を移動させる時に弦と指が擦れて鳴るキュッキュッっていう音)がやたらと気になる。

綺麗に弾くのって難しいね。





ギター | 06:44:34 | トラックバック(0) | コメント(2)
携帯のメールが不調です



最近、携帯のメールがおかしい。

メールを送信したはずが、


「送信できませんでした」


となってたり、受信したメールが途中で途切れていて


「受信しますか?」


となっていたりっていう症状が結構ある。

今までもあったかもしれないけど、こんなに頻繁には無かった。



これって僕の携帯の問題なのかな。

それともキャリア側(ソフトバンク)の問題なのかな。

メールを送ったつもりで携帯を閉じたら実は送られてなかったなんて、結構厄介なんだけどな。







ブログ | 06:43:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
危機一髪



最近ひげです。

斉藤和義 やるならひげじゃね?って事で、髭。



僕はいまだかつて一度もひげを伸ばした事が無い。

プツプツ拒絶症の僕は無精髭のあのプツプツとした感じが 「むきーっ!」 って耐えられないからなんだけど、ひげを伸ばし始めて分った事があるんだ。

それは、世の中には2種類の人間が居るって事。


「ひげを伸ばせる人間」



「ひげを伸ばせない人間」





正確に言うと、ひげがどうなろうが無関心で居られる人間と、そうじゃない人間。
僕はどう考えても「そうじゃない人間」。

でも、ひげを剃ってしまいたい衝動と、それでも伸ばそうとする相反する感情が入り混じって、なんか自分でも良く分らないカオスな心情が新鮮かも。

どうしても気になってモサモサに出来ないんだけど、ある程度伸ばしたらあんまり気にならなくなった。

今でもひげを伸ばした方が良いとは思わないけど、でも頑なに拒否する程のものでもない様な気がしてきた。


自分の顔を見るのって朝顔を洗う時と歯を磨く時くらいで、普段あんまり意識する事もないんだけど、それでも僅かながら精神的な変化は有る様な気がする。

ちょっと大げさかもしれないけど、今までひげ伸ばそうなんてこれっぽっとも思わなかった僕の心境の変化を考えたら、これは今までに無い僕なんじゃないかと思った。

40過ぎても新たな変化ってあるんだ。

それは身体的な変化とか、精神的な変化とか、環境の変化とか、良い変化悪い変化とか、いろいろなんだけど、新しい事、新しい感情、新しい発見、新しい自分自身ってこれからもまだ有るんだ。

保守的になっちゃダメだ。

今まで築いてきた既成概念の上にあぐらをかいてちゃダメだ。


まぁ、そんな事考えてる時点で「そうじゃない人」なんだけど。

っていうか、「どろぼうみたいだからやめて」って、家族にはもの凄く不評なんだけど。

っていうか、いちいち会社の人が聞いてきて、説明すんのが面倒くさいんだけど。

おっさんの髭なんてどうでも良いやろ。






ブログ | 23:24:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
ひねくれる



調子が悪いCOBRANのベース、早速調整しましょう。

購入後掃除している時にナットはポロリと取れたままだから、仮にその下にかまし物を入れましょう。

薄い真鍮板をナットのサイズに切り出して入れます。

その前に、ナットとネックに残っている接着剤を取り除いて、なるべくフラットにしておきましょう。

0.5mmの板を入れてかなり上がったんだけど、やっぱりビビります。


思えば、ナットが低くてビビるなら開放弦でもビビルるはずだよね。

それで1、2F押さえたらビビらないはず。

1F、2F辺りを押さえてビビるっていうのは、ネックに問題があるからじゃないのかな。

ネックの先端から眺めてみても極端に反っている様には見えないんだけど。

押さえてビビるなら逆反り、しかも1、2弦はビビらないならネジれてる可能性も有るんじゃないの?


素人が簡単にどうこう出来るレベルじゃない気がする。

何だか安物買いのなんとやらな感じがしてきたんだけど・・・








ギター | 06:46:32 | トラックバック(0) | コメント(2)
1人でできるもん?



バンドをやめるとは言ったものの、11月に演奏があるからそれまでは手を抜かないよ。

出来るだけ良い演奏できる様に練習するよ。

って思ってるんだけど、どうも気持ち悪い。

僕のベース変な音がする。



まぁ、それは今までも薄々気がついてたんだけど。

先日の演奏の時も気になってた。

3弦と4弦の1、2F辺りを弾くとビビるんだ。

すごく耳障りな音がする。

ネックを見ると反っている感じはしない。

試しにもう1本のARIAで弾いてみるとビビらない。

弾き方の問題じゃなくて、ベースの問題みたい。

どうもCOBRANのナットが低いみたい。



ギターにしろベースにしろ、きちんと正常な状態じゃないと弾いていても気持ち悪いよ。

ARIAは今のところ正常そうだからARIA使っても良いんだけど、COBRANはAURORA弦張ってるし、どうせなら使いたいし。

調整に出しても良いんだけど、タカミネのエレアコもナットが高くて弾きにくいからそれも調整に出したいし、何だか調子の悪い楽器ばかりで、ちょっと自分でなんとかならないかやってみようかと思ってる今日この頃。







ギター | 21:23:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
さよならの行く先



ステージ演奏の一週間後、みんなで集まって演奏を撮影したビデオを見たり、録音した音源を聴いたりしてみたんだけど、客観的に見ると散々なものだった。

「演奏出来る」のと「合わせられる」のとは全然違う。


それでも、「もっとこうしたら・・」とか「ここを重点的に・・・」とか課題をクリヤすべく話し合ったりして、今後の活動に対してみんなのモチベーションが上がってきた所で、僕は


「次の演奏で僕やめます」


って言った。




バンドを始めて得られた物は大きい。

思えば去年の市のバンド講座から始まって、バンドで演奏するという事がどういうものなのか、僕のレベルはどんなものなのか、いろんな事を知る良い機会だったし、僕の見方も広がった。

ベースだって、バンドをやっていなければ弾いてみようなんて思わなかった。

嫌な訳じゃない。

でも、どうしてもやりたいと思える程の熱意もない。

そんな事を言える様な立場ではないけど、家族が居て子供が居て、そんな状況で週末に度々家を空けるのはかなり負担になる。

後ろめたさを感じながらやったって楽しくはないし、かといってサポートメンバーとして単発的に参加して合わせられるほどの技量も無い。

全てが中途半端になるくらいなら、続ける事を悩むくらいなら、いっそやめてしまった方が良いんじゃないかなと思った。

丁度今後のスケジュールも決まっていない今だから、良いタイミングじゃないかな

今僕が抜けるのは、このバンドにとって大きな痛手なのは分かってる。

それは僕が上手いからとか、重要メンバーだからとか、そういう思い上がりではなくて、単純に考えて今の構成で今のレベルで、僕のベースが抜けるのはバランスが悪過ぎると思うから。

ひどいなとは思うけど、いろいろ考えたんだ。


この先どうしようかな。

時間が有ればバンドというのは良いんだけど。

先日のイベントは初心者の弾き語りでも気軽に参加出来る雰囲気だったから、1人で弾き語りでも良いと思う。

友人にボーカルを頼むのも良いかな。

「一緒にコブクロでもやらない?」って声を掛けたら、ナオト・インティライミの「さよならボーイ」っていう曲がアコギ1本でも良い感じそうだよ。って言ってた。

YOUTUBEで聴いてみたら、良い曲だった。

でも、ナオト・インティライミのギター譜が見当たらない。

バンドでも弾きたい楽曲のスコアが見つからなかったりするし、いろんな意味で今が転機なのかも。

耳コピするの面倒臭いなって思ってる様じゃ、この先は無いんじゃないかな。



さよならバンド


さよなら初心者


そして僕は何処へ向かう?











ギター | 07:42:18 | トラックバック(0) | コメント(2)
GK



先日行われたステージ演奏なんだけど、初めての会場でどういう環境で行われるのか分からなかったから機材を持ち込もうって話になった。

それで、いつもお世話になっている楽器屋さんからベースアンプ、ギターアンプ等を借りる事になった。

で、「コレです」って置いてあった貸し出し用ベースアンプがGKって書いてあるバカでかいアンプ。


ちょ・・・何これ。

GKって何? ゴールキーパー?

っていうかデカ過ぎて僕のマーチじゃ載らんやんけ。

仕方なくキャビネットは仲間の車で運んでもらう事にして、僕は上のアンプ部分だけしか運んでないんだけど、会場に着いてその仰々しいアンプを下ろしていると、他の参加者達が口をそろえて


「これ、すごいアンプじゃないですか!」


って言うんだよ。

ただデカいだけかと思ったらそうじゃないらしい。

いやいやいや、アンプだけだよ!

ベーシストはベース始めて半年程度の初心者なんだってば!



調べてみたら、GKっていうのはギャリエンクルーガーとかいうアンプメーカー のことらしい。

ベースアンプの事は良く分らないんだけど、なんせ300Wもある。

キャビネット(スピーカー部分)はデカいのが4つ付いてて、2人がかりじゃないと持てない。

良い音とかうんぬんよりも、僕はレンタル代が気になって気になって、違う意味でドキドキしてた。





シングル・スマイル ver ブロぐ すっかりストリングス時々4弦-フォークピクニック11/10

後ろに上半分見えるのがGKのベースアンプ。

画像はフォークピクニックのサイトから拝借してます。



ギター | 12:40:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメ



仕事から帰って、いただきますってご飯を食べた時にふと思ったんだ。


なんか美味しい。


ご飯が美味しい。



「今日のご飯は何だか美味しいじゃありませんか。」って言うと、


「それはきっと新米だからですのよ。」って言われた。


そうか。これが世に言う新米というものなのか。




先日実家からお米をもらったんだ。

ウチは農家じゃないから、知り合いの農家に分けてもらった今年のお米みたい。

僕はグルメじゃないから美味しい美味しくないはあんまり良く分らないし、柔らかいご飯はべちゃべちゃしてイヤで、だから新米なんてさして興味も無かったんだ。

でも本当に美味しいお米はパサパサでもなければベチャベチャでもなく、しかも十数年使っている安物の炊飯器で炊いているのに僕でも分る。美味しい。


ご飯ってこんなに美味しいものだったんだなぁ。

40年生きてきて今更ながら思った。

ちょっと幸せ。

でも、つい食べ過ぎて苦しい。




ブログ | 07:39:56 | トラックバック(0) | コメント(2)
ドキドキ感



今日はバンド演奏の本番。
幸い天気にも恵まれて、良いコンディション。
準備して、昼過ぎから演奏。

演奏は、わりとそつなくこなせたと思う。
演奏中、僕はずいぶんと冷めてた。
もちろん開放感の有るステージでの演奏は楽しいんだけど、緊張して足が震えるとか、心臓がバクバクいって飛び出しそうだとか、そんな感じは全然無かった。

思えば、以前やっていた市のバンド講座の発表会でもそうだった。
大きなホールでの演奏だったけど、妙に冷めてた。
あの時は観客席の照明が暗くて見えなかったら緊張しなかったのかと思ったけど、どうもそうじゃないみたいだ。

なんだろう。
例えば、エンデューロレースのスタート時は、もっと鼓動がハッキリ分かるくらいドキドキしたものだけど。
場慣れしたから?
聴衆が少ないから?
サイドギターやベースは脇役だから?

バンドって他の楽器を演奏するメンバーが居るから、ごまかしが利くからかもしれない。
いろんな事をぼんやり思いながら、でも考えがまとまらない。
ミス無く演奏する事は悪い事じゃないけど、でもそれだけじゃないと思うんだよ。
演奏する側も、それを聴く側にとっても。

なんか、僕にはパッションが足りないんだ。






ギター | 20:43:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
ちょうど良い西風



日曜日、奥さんは仕事で、子供は行事で居なくて、午前中に少しだけ1人になる時間が出来た。

秋晴れのいい天気。

ちょっとバイクに乗ろうかな。


本当に良い天気で、本当に良い時期。

バイクに乗るための様な秋晴れの日。

近くの神社まで続く険しい坂道をトコトコと上る。




子供が小さいと何かと手がかかる。

大きくなれば暇になるかと思ったら、大きくなったらなったで違う手がかかる。

週末にのんびりツーリングなんて出来やしないよ。

まぁそれもあと数年なんだろうけど。


カワサキのゼファーなんか良いな。750の。

以前は、旧然としたスペックにさして興味も無かったけど、今となると何かそれで充分なんじゃないの。って思えてきた。

パワーとか、走行性能とか、取り回しとか、維持しやすさとか、そういういろんな意味で丁度良いバランス。

1000cc超のバイクが溢れかえる中で、今なら手頃に手に入りそうだし。

まぁ、新たなバイクを手に入れるよりは今有るバイクを乗れる状況にする方が遥かに現実的で、だからSRX-6の車検でも通そうかな。

来年の春にでも(来年かよ!)





シングル・スマイル ver ブロぐ すっかりストリングス時々4弦-SRX-6
ヤマハのSRX-6

バイク | 07:47:27 | トラックバック(0) | コメント(2)
爪切り



今月10日の演奏会を控えて夜な夜なベースの練習をしてるんだけど、おや?なんか音が変ですよ。

どうも音質にバラつきがある。

気をつけて弾いてみると、左手の人差し指で弾く時と、中指で弾く時で明らかに音が変わる時が有る。

何で?

何が違うんだろう?

って考えてたら、爪が当るからなんだ。


アコースティックギターを指弾きする事が多いから、左手の爪は少し伸ばし気味にしてる。

爪を使った方が煌びやかな音色になりやすいから。

でも、ベースを指で弾く場合は爪は使わないみたい。

あくまでも指先で。

ギターも弾きたいし、妥協点を探りつついつもより爪を若干短めにしてたんだけど、それでも当る時が有るみたい。

仕方が無いから人差し指と中指は思い切り短くした。


そうすると、今までと全然違う音になった。

当ててないつもりでも結構爪の影響大きかったんだ。

今までよりもっとこもった様な音がする。

弾き方によってはちょっとチョッパー(スラップ?)っぽくなったりも。

ベースってボンボンいってるだけかと思ったけど、結構弾き方で音色が変わるもんなんだ。

もっとリズムも音色も安定して弾けたら良いな。




で、ギターどうすんの?

というか、これだけ練習して10日雨だったら嫌だな(雨天中止)。






ギター | 07:38:48 | トラックバック(0) | コメント(2)
バイク ピアノ コーラス



「バイクに乗ると脳が活性化される」

っていう記事を見かけたんだけどね。

正確にいうと、


「ギヤ付きの大型バイクに乗った場合、スクーターに乗った場合と比較すると脳が活性化される」


という事らしいけど、ヤマハとの共同研究だから促販目的なんだろうな。

それなら何も大型じゃなくても良いし。


バイクの運転には両手両足を使う、緊張感を伴う、というのが理由なような気がするんだけど、それなら例えば「ピアノを弾く」っていう事も同じことなんじゃないかな。

別にバイクに乗ることを否定してる訳じゃないんだけどね。

僕だって乗るし。

ただ、「ギヤ付きの大型バイク」というもの凄く狭いカテゴリーで言っているのがどうなのかなって。

もっと手軽に気軽に出来る事でも有るんじゃないかな。

ギターやベースは足は使わないけど、脳みそフル回転してるって感じがする。

練習し始めの曲がなかなか上手く弾けなくて、あぁ、もう指が言うこと聞かない!って湯気が出そうになる。


難易度が高い楽曲というだけじゃなくて、そこにもう1つ条件が加わると更に難しい。

例えば、弾きながら歌う。

チューリップの「心の旅」をバンドで練習してるんだけど、ベース弾くだけなら難しくない。

でも、弾きながらコーラス入れようとすると出来ない。

コーラスも大して難しくないんだけど、弾きながらやろうとすると出来ない。


まぁ、出来ないから練習するんだけどね。

それは、簡単に運転できてしまうスクーターと同じなのかもね。

ギターやベースは失敗しても死なないし、免許も要らないからお手軽だとは思うけど。







ブログ | 06:45:35 | トラックバック(0) | コメント(2)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。