FC2ブログ
 
■プロフィール

ことけけ

Author:ことけけ
目指すのはジャンガリアンな生き様。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

参加者を激増させる確実で簡単な方法

もう駅伝終わったし、僕としても次はマラソンとか、ギターとか、読みたい小説とか、ドラクエとか、そうそうそろそろ年賀状書かなきゃとか、意識は違う所へ向いているんだけど、駅伝についてもう1つだけ気になった事が有るので書いておきます。




僕が参加した垂井町1周駅伝、毎年50チーム前後参加しているのかと思ってたんだけど、今年はかなり多い方でいつもはそんなに多くないそうです。

年々参加者が減って、参加者も高齢化傾向にあるみたい。

規約によると参加できるのは町内在住か、もしくは勤務先が町内である人って事になっているんだけど、僕は今は町内には住んでいないし、勤務先も町内じゃないのに参加して良いのかな?って思ってたんだけど、とりあえず参加者を募りたいみたいだから構わないそうです。




それはさて置き、スタート地点に着いて気が付いた事が有ります。



あれれ? 成年女子チームが居ませんよ?




中学生はワラワラと大勢居ますけど、成年女子は今年は1チームも参加していません。

僕は成年男子チームの一覧しか見ていなかったから当日まで知らなかったんだけど、成年男子で16チーム(内高校生チームが1チーム)も居たから、成年女子も5チームくらいは参加してるのかと思ってた。





まぁ、結論から言ってしまえば




成年女子チームを増やせば、参加チームが増えるんじゃね?




って事です。


単純な事です。

男はみな女の子のケツを追っかけたくなるものです。

それはアスリートとて例外ではありません。

女の子といっても中学生では違う趣味の人が集まりそうなので、やはりここは成年女子チームでなければいけません。

スキー場とかアミューズメント関係や飲食店とか、レーディースデイと銘打って女性を優遇している所沢山有りますよね。

女性優遇する事で女性客を増やし男性を釣るという、確実で凄く理にかなった手法です。

まぁ、男ならだれでも女の子の前では良い所を見せたいものだからね。

もし今年成年女子チームが幾らかでも参加していたなら、多分30秒は僕の区間タイムが縮まっていた事でしょう。

全体的に白熱したレース展開になっていた事でしょう。




なので、参加チームを増やしたければまず成年女子チームを増やす方法を考える事です。

参加チームが居ないって事は、参加して完走すればそれだけでクラス優勝って事です。

3チームしか居なかったら、最低でも3位入賞です(笑)

区間距離も2、3kmなので、普段からランニングしていなくても、ちょっと頑張ればなんとかなりそうな距離だし。

まんざら悪い話でも無いんじゃないのかなって思うんだけどね。

でも年末の日曜日に7人集めようと思うと結構大変なのかな。



付け加えておくと、ネット上でこの駅伝の情報が得られないっていうのもネックかも。

本当に参加者を集めたければ、募集の告知とか、内容とか、もっと積極的にアピールしても良いと思うんだけどね。

ネットだとあんまりお金も掛らないと思うし。

イマイチどうしたいのかが良く分からない。

結局は集まり過ぎても運営が大変だから、内輪だけで・・っていう考えなのでしょうか。

スポンサーサイト





ブログ | 15:00:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する