FC2ブログ
 
■プロフィール

ことけけ

Author:ことけけ
目指すのはジャンガリアンな生き様。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

6万円と11万円の違いは一体どれだけのものなのか

さて、ヤイリのBLがいかに素晴しいギターか散々申し上げてきましたが、それじゃあS-30(定価6万3千円)と比べて5万円分良い音がするの?って聞かれると微妙。


これは本当に難しいです。

100万円のギターと20万円のギターの音色の違いが分からない様な初心者がツベコベ言う事じゃないんだけど、あの差を出す為には5万円分の手間や良い材質が必要なのでしょう。

でも、それが本当に必要かどうかは、その人それぞれが判断するしかないです。


正直なところ、初心者が練習するのに別にS-30でも全く問題ないです。

S-30だって決して悪いギターじゃないです。

これはこれで価格なりの良いギターなんじゃないかと思います。


ただ、思ったのは、良いギターってちゃんと弾くと、ちゃんと音が出るんですね。

逆に、ちゃんと弾いていないと、ちゃんと音が出ない。

つまり、安価なギターを弾いている時に音が詰まったりすると、それが自分の演奏技術のせいなのか、ギターに関わる問題のせいなのか判断がつきにくいというか、いやいや、ギターが悪いから仕方が無いよねって思わず責任転嫁したくなるんだけど、良いギターだともう言い訳が出来ない。

しかもその良い音が出ている時と失敗した時の差が結構激しいので、失敗すると明らかに分かっちゃいます。

失敗が分かりやすいのは、練習する時も分かりやすいっていう事になるのかも。


多分、弾き手の求めている演奏に対して忠実に反応してくれるのが良いのでしょうね。

なんていうか、アムロの操縦に対して追従しきれなくなってきた初期のガンダムに対して、マグネット・コーティングされたレスポンスの良いガンダムみたいな?(どんな例えだ)

上手くなってくると、音の違いとか、そういう反応具合とか、そういう求めるべき物がもっと明確になってくるんだと思う。

で、そういうものを突き詰めていく為にお金を掛けていくんだと思う。






ちなみに、僕はどうしてもヤイリのBLでなければいけない訳でもなかったんだけど。

BLは僕にはかなり高価な部類になるし。



一応現実的な価格を踏まえて今までに興味を持っていたものは、



ヤマハのCJシリーズ(既に廃番)


ヤマハのLJ-6


SEAGULLのミニジャンボ


Simon&Patrickのミニジャンボ

HEADWAYのジャンボモデル(型番忘れた ギブソンのJ-200に似た廃番モデル)

ARIAのAMS-PRO(廃番)

などなど。

共通して言えるのは、「くびれ」(笑)

キュッとくびれてボンってのが良いじゃないすか。

男のロマンじゃないすか。

いや、ほら、やっぱ見た目って大事でしょ。

いくら音が良くても、くびれてないギターは嫌だ。

オリジナルな物も有るけど、元々はギブソンのJ-200っていうジャンボボディのギターのパクリっぽいです。

アリアのAMS-PROはリサイクルショップで見かけて、なかなかのマニアックぶりに興味津々なんだけど、中古でも高かったです。

でも昨日見たら売れたみたいでもう無かった。

多分もうお目に掛かれないんじゃないかと思うレアモノだったから、どんな音か聞きたかったな。

縁があればそのうち巡り合うモノも有るでしょう。

機会が有れば、色々弾いてみたいです。

弾き比べて違いが言える位には上手くなりたいね。

スポンサーサイト





ギター | 07:07:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する