FC2ブログ
 
■プロフィール

ことけけ

Author:ことけけ
目指すのはジャンガリアンな生き様。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

人は何故カーボンに憧れるのでしょうね

アコギ初めて早3年(足らず)。

マメに練習してきたお陰で、そこそこ弾けるようになりました。

結構楽しいんだけど、少々マンネリしてきた感も無きにしもあらず。


そこそこ弾ける様になると、そこそこ良いギターが欲しくなるもので、まぁ以前からアレ欲しいなぁ、コレ欲しいなぁって色々思ってはいるんだけど、最近雑誌で見たカーボン製のギターが面白いですよ。


コレ


確か、雑誌では15万円くらいだったと思います。

雑誌では左側の四角いボディのギターしか扱ってませんでしたが、個人的には真ん中の普通のギターっぽいデザインが好みかな。

ちょいと良いギター並みの値段だから、良いギターを買うつもりなら買って買えない物じゃないです。

カーボンファイバー製のアタッシュケースなんかも数万円するんだから、まぁ順当な値段なのかも。

カーボンファイバー製のギターはいくつか有るみたいだけど、コレ、ネック(左手で弦を押さえる棒状の部分)も中空になってるそうです。

コンパクトなボディだけど、ネックも中空で容量を稼いでいるらしく、結構な音量が出るみたい。

しかもカーボンファイバーなのにアコギの音がするらしい。


カーボンなのにアコギの音ってどんな音がするんでしょうね。興味深いです。


ギターって高価なギターになる程管理に神経を使わないといけないみたいで、まぁ高価なんだから取り扱いにも注意するだろうけど、保管とか運搬とか神経つかいそうだよね。


ところが、このカーボンギターなら放っておいても大丈夫そうでしょ。なんてったって丈夫なカーボンファイバーなんだし。

弦を張りっぱなしで置いておくとか、運搬の時にソフトケースでも気にならないとか、軽いとか、なんか面倒臭くなくて良いな。


ストリートライブなんかにはうってつけなんじゃないかな。

僕はストリートライブやる予定無いので普通の木材のギターでも良いんだけど、材質による製品のバラつきとか無さそうだし、希少で高価な材木を使わなくても良い音が出せるのなら、これからはこういうのもアリかなって気はしますね。

もう少し色んなデザインが有るといいんだけどな。

スポンサーサイト





ギター | 21:27:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する