FC2ブログ
 
■プロフィール

ことけけ

Author:ことけけ
目指すのはジャンガリアンな生き様。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

夢の国で夢を見る人

日曜日の朝。

舞浜行きの京葉線はもの凄く込んでいた。

よどんだ空気のぎゅうぎゅう詰めの電車を降りると、今度は夢の国のチケットを交換するのに長時間並ぶ。

入園する頃には疲労感を覚えつつ、子供が「乗りたい」と言う大雷山超特急は2時間待ちだった。


分かってる。

分かってるんだ。最初から。

日曜日の夢の国が混んでいる事くらい。

でも、食事、トイレ、高額なポップコンーン売り、至る所で待たされる。

それでも人々は笑顔で並ぶんだ。

それが夢の国。


一体何が夢の国なんだろう。

そう思って、僕はやっと気が付いた。

この世の中には、2種類の人間が居るんだ。

それは、





「夢の国で夢を見る事が出来る人」





と、


そうじゃない人。


超満員の電車も、ラブラブなカップルには都合が良い。

ハッピーなファミリーは長時間並ぶアトラクションでワクワクしながら、次は何に並ぼうね。って語り合うんだ。

混雑するお土産売り場も笑顔で突入し、トイレで並んでも文句1つ言わない。


つまりね、みんな幸せなんだよ。

もの凄く幸せなんだ。

混雑しても、長時間待たされても、それを許容する事が出来る、余裕の有る幸せな人達だから、こんな尋常じゃない人ごみの中でも絶えず笑顔で居られるんだ。

そうじゃない人、例えば、お金も無く、恋人も仲の良い友達も居ない人は、あんな所には行かない。


全ての人にとって夢の国である必要なんてない。

だって福祉施設でもボランティアでもないんだから。

ただ、夢の国で夢を見る事が出来る人達は、とても幸せなな人なんだと思った。




スポンサーサイト





ブログ | 07:51:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する