FC2ブログ
 
■プロフィール

ことけけ

Author:ことけけ
目指すのはジャンガリアンな生き様。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ラブ・ケミストリー/喜多喜久



久しぶりの小説、2冊目。

以前読んだ「植物図鑑」 の表紙と同じ、カスヤナガト 氏のイラストが目を引く。

書店で目にした人も多いのでは。

とても印象的なイラストだから、思わず同じ著者なのかと勘違いしてしまう。






ラブ・ケミストリー/喜多 喜久
¥1,470
Amazon.co.jp
★★★☆☆
どんなに複雑な物質であっても、瞬時に合成ルートを編み出す能力を持つ大学院生・藤村桂一郎。ところが彼は研究室にやってきた新人秘書・真下美綾にひと目惚れし、能力を失ってスランプに陥ってしまう。そんなある日、カロンと名乗る黒衣の妖女が「キミの能力を取り戻してあげる」と現れ、美綾への告白を迫るが…。





レビュー
印象的なタイトルと表紙、内容も面白そう。
図書館に有って、借りられていなかったから、期待して読んでみましたよ。
ところが、読んでみると「う~ん」。
類稀なる能力を持っているっていうのは良いとして、それが一目ぼれで失われててんやわんやっていう設定とか、化学や研究者の描写は面白いんだけど、そこに非科学的なモノを持ち出すのはどうなんだろう。
しかも冒頭の「私」の部分から、大方の結末が想像できてしまったりするのもどうなんだろう。
結末も「カロン」が身体に小細工を施さなかったら(施せなかったら)、主人公はどうするだろう。
「レインツリーの国」 でも思ったけど、安易な設定は逆に不愉快な印象を受ける。

スポンサーサイト





レビュー | 13:34:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する