FC2ブログ
 
■プロフィール

ことけけ

Author:ことけけ
目指すのはジャンガリアンな生き様。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

HONDA SuperCUB OH 2



VECSTARを売ったお金でCUB直します。

原付の部品って普通のバイクに比べると圧倒的に安いんだけど、それでもアレコレ交換部品を挙げていたら結構良い金額になっちゃう。

それでバラしたまま頓挫してたんだけど・・・





シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングス-cub 120610-1
クランクケースカバー左側。

なんせ7万kmも走ってるんだからカムチェーンの伸びが気になるけど、オイル交換を怠るとカムチェーンガイドが磨耗するらしいから一応開けてみた。

黒くて丸いのがカムチェーンガイドとテンショナー。

普通はスライドする構造になってるけど、カブは回転する仕組みになっている。

あんまり磨耗している感じでもない。

オイルは真っ黒だったけど、一応定期的に交換してたみたい。

カバーを開けるにはフライホイールを外さないといけない。

フライホイールを外すには、専用のプーラーが必要。




シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングス-cub 120610-2
クランクケース右側。

クラッチが納まる。

クラッチの状態も気になるけど、このクラッチのハウジングの中に遠心分離式のオイルフィルター?が有るらしい。

中央の軸部にエンジンオイルを送り込んで、高速回転するクラッチのケース内部で異物を分離する構造らしい。

それがオイルフィルターの役割を果たすから、一般的なろ過式のオイルフィルターはカブには存在しない。

TLR200のエンジンにも金網しか無かった。

遠心分離部にスラッジが固着していて、洗浄するとキラキラとした金属粉が出てくるけど、走行距離の割にはさほど酷く汚れていない。

(後で洗浄していて気付いたけど、あまりに綺麗に固着していたからスラッジだと気付かなかった。画像のクラッチハウジングの黒い部分がスラッジ。真ん中の穴の淵の部分。結構溜まってるので、整備する機会があれば掃除しておくべき。)

どこも致命的な磨耗や損傷が見当たらない。

郵便カブのようにきちんとメンテナス管理されていた訳じゃないのに、ホンダのエンジンの耐久性は凄いな。




こういうノウハウとか独自の構造とか教えてくれる人が居るととても助かる。

趣味で乗るバイクっていうレベルではなく、新聞屋のカブだから実践的な裏付けがあって1つ1つのデータの信憑性が高い。


エンジンを開けたまま長期間放置したくないのと、アレもコレもやりだすと収拾が付かなくなるからとりあえずエンジン周りの部品だけピックアップして注文する事に。


気合を入れて修理したところで、スピードもパワーも快適性もVECSTARには到底及ばないと思う。

エンジン以外にも、足回りや駆動系、ブレーキ周り、ステアリング、電装品等、手を入れなければいけない所が沢山ある。

とりあえず動くようにして、ナンバー取ってみる。

それで面白ければ金と手間を掛けて仕上げればいいし、そうじゃなければそこそこ直していけば良いかな。




スポンサーサイト





HONDA superCUB | 23:21:43 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
1. 無題
今、原チャリ直すの壁にぶち当たって困っています・・・
2012-06-12 火 13:54:18 | URL | パーちゃん [編集]
2. Re:無題
>パーちゃんさん

あらら
パーちゃんでも困る事あるですね。
まぁどうせしばらく梅雨で乗れないからw
2012-06-12 火 20:34:12 | URL | ことけけ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する