FC2ブログ
 
■プロフィール

ことけけ

Author:ことけけ
目指すのはジャンガリアンな生き様。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

サイクルメーター



一応、一通り整備したカブ。

慣らしも終わって本格的に走ってみる。

メーター振り切れる。


元々原付(50cc)だからね。

30km/h制限だから、スピードメーターは60km/hまでしか無い。

60km/h以上になると、何キロ出てるのか分からない。


70ccや90ccのカブのメーターを移植するとか、社外品のカブ用メーターを使うのがスマートで良いんだけど、当然の事ながらお金掛る。

お金を掛けずに、なおかつスピードが測れる様に、サイクルメーターをつける。



サイクルメーターっていうのは、自転車用の多機能デジタルメーター。

自転車用なのに原付バイクよりも高速度が測れる所が何とも皮肉だけど、コンパクトで軽量で比較的安価だから、オフロードや原付などのわりと低速なバイクに使うには高価なバイク用メーターを使うよりもコストパフォーマンスは高い。

以前乗ってたトライアルバイクに使ってたサイクルメーター が有るので、それを使えばお金掛らない。


早速取り付け。

カブはフロントサスペンションがボトムリンク式だから、意外にセンサがつけにくい。

というのも、センサをフォークにつけるとサスが動く度にセンサと磁石が離れてしまう(フォークは固定でホイールが動く)。

取り付け位置もよく考えないと、サスが動く度にケーブルも動いて断線する可能性が高くなる。

なるべく動きを少なくする為に、センサはスピードメーターケーブルの根元に固定。


メーター側は右ミラーの取付けを使おうかと思ったら、センサのケーブルが短くて届かない。

TLR(ホンダのトライアルバイク)では、ハンドルバーに問題なく取付けできたのに、意外にもカブだと届かない。

色々考えた結果、レッグカバーの取り付けボルト部分を使う事に。



シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-サイクルメーター 1
PANORAMとかいうサイクルメーター。

軽量コンパクトで多機能。

ハンドルバーに固定する仕組みになっているから、φ25mmのアルミ棒を固定して、それにメーターを固定。

ちょっとはみ出るけど、良い取付け位置が無いからやむを得ない。

メーターを樹脂バンドで縛ってるのは盗難防止の為。

メーターは盗難防止の為にベースから取り外せる仕組みになってるんだけど、停める度にいちいちメーターを取り外すの面倒臭いし。



シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-サイクルメーター 2
ボトムリンク式のサスペンションが意外に厄介。

普通のバイクのテレスコピックのフロントサスペンションだと、ホイールとサスペンションのアウターケースが一緒に動くから取付けも融通が利くんだけど、ボトムリンクだとホイールだけ動くから困る。

センサはなるべく動きが少ない所につける。

スポークに取り付けた磁石をセンサが感知して速度と距離を測る仕組み。

タイヤの外周を計算して、メーターに設定する。


走ってみると、スピードメーターとサイクルメーターの速度は大体一致してる。

フルスロットルにすると70km/hくらい。

うーん、それってサイクルメーター必要なのか?(笑)




スポンサーサイト





HONDA superCUB | 13:33:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する