FC2ブログ
 
■プロフィール

ことけけ

Author:ことけけ
目指すのはジャンガリアンな生き様。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

山車



恵那山に行ったり、白山に行ったりして、もう少し山登りに適した車って無いのかなって思った。

先日考えてたトヨタ・ハイエースバン を買っておけば良かった。


そんな話をハイエースの元オーナーであり、バイクの師匠でもあるSさんに話したら、ハイエースは山行きにはあまり適していないらしい。

4駆だとハンドル切れ角が少なくて小回りが利かないらしい。

あと、古いからABSが無いとか。

確かに細い林道を進むには少々大柄過ぎて、すれ違いに気を遣うし、狭い場所でのUターンも大変。

前泊する時にゆっくり寝れる事以外にメリットは無さそう。

例えば軽ワゴンや軽バンなら車体は小柄だから取り回しは楽だし、室内も広い。

ただ、車高が低いから荒れた路面は入れないし、4駆じゃない場合はFR(後輪駆動)になるから使い勝手が良くない(常識的な道を走る分には問題無いけど)。


じゃあ山登りに使うならどんな車が良いんでしょうね?ってとりとめのない話をしていたら、「そりゃジムニーだろ」って言う。

しかも旧型の。

小回りが利いて、走破性は群を抜いている。

っていうか、一体何処まで車で入っていくつもりですか?

まさか登山道まで入っていくんじゃないでしょうね。

確かに小回りが利いて走破性が高いのは有利だけど、室内が狭い、2ドア、燃費悪い、等々デメリットも多い。

本当にアドベンチャー的な登山をするならともかく、登山道を利用する一般的な登山では少し過剰な気がするし、ジムニーは人気が有るから古くてもボロくてもなかなか値が下がらない。


有る程度の走破性と、有る程度の実用性、それに経済性を考えた時、それらをバランスよく兼ね備えているのはスズキのKeiじゃないかって思った。

既に製造中止になったモデルだけど、大きめのタイヤで高めの車高、4枚ドアで後部座席も使える。

ジムニーは良いけど使い勝手が悪いっていうユーザーにアピールする為のモデルっぽい。

ジムニーほどは人気が無いから中古車は安いし、5速MTも選べるし、例えば5速MTのターボ無しモデルなんかだと地味で需要が少ないからかなり安価に手に入る。

コレは良いかも。

ウチにKeiのOEM車であるマツダ・ラピュタが有るけど、結構良い。



シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-マツダ ラピュタ 1
マツダ・ラピュタ。

スズキ・Keiとほぼ同じ。



シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-マツダ ラピュタ 2
シンプルな外観。

スポーツグレードだからエアロやウイングが付いてるけど、山道では邪魔になるからベーシックなモデルの方が良い。



シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-マツダ ラピュタ 3
15インチホイールで車高も高め(エアロが無ければ)。

山道以外でも、雪道走行でも有利で腹を摺る事はほとんどない。




シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-マツダ ラピュタ 4
ターボはパワフルだけど、中古車の場合は信頼性が乏しいのが難点。

きちんとメンテナンスされていれば良いんだけど。

走りにこだわらなければノンターボでも良いかも。



一時期、この手の(車高が高めなSUV的な)軽自動車が各社から出ていたんだけど、みんな製造中止になってしまった。

走破性よりも室内の広い箱型の実用性の方が受けたんだろうな。

そんな中でもKeiはかなり売れた車だから、中古車市場では玉数が多い。

スズキ・Keiのベーシックなグレードの5速MTが良いんじゃない?って思ったんだけど、よくよく考えたらマーチではいけない理由が無い。



シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-日産 マーチ
愛用の日産マーチ。

バカ売れした車だから、今でももの凄く目にする。



コンパクトな車体、大人2人位なら我慢できる室内、燃費は良くて、山道も快適に走る。

林道をこれだけキビキビ走れる車もそう無いし、高速道路でも必要にして充分な走りをする。

ターボは無くても軽自動車の2倍の排気量が有るんだから運転は随分楽だし、なにより山道を運転していて面白い。

移動時の疲労感は軽自動車よりも有利だと思う。

それに、燃費はかなり重要な要素だと思う。

数百km走るのも当たり前だから、燃費はバカにならない。

実際に恵那山の駐車場ではハイエースやSUVに混じって、遠方ナンバーのトヨタ・ヴィッツに乗っている人が居た。

室内の広さや悪路走破性は劣るけど、コンパクトカーって意外に山向きなのかもしれない。


唯一の難点は車高が低い事。

ベーシックなグレードのノーマルでもかなり低い。

スポーティで良いし、今度タイヤを替える時は扁平タイヤにしようかと思ってたんだけど、山に行くなら高扁平タイヤにするべきかも?


そんな訳で、マーチで御嶽山(濁河ルート)行ってきた。

片道200km、国道から登山口の濁河温泉まで細いクネクネの山道を30km(1時間くらいかかる)走ったけど、峠道での軽快さと燃費の良さはピカイチ。





スポンサーサイト





山登り関連 | 07:32:59 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
1. 無題
太いタイヤがグリップするのは平地で整備されたサーキットだからであって、未舗装路や雪道では細い方が接地面の単位面積あたりの加重が重くなるので有利です。毎週スキーに行っていた頃、幅広タイヤ履いたVIPカー達がスリップして動けないのを横目に、スバルレックス550のノーマルタイヤで追い抜いてやりましたwww
2012-08-05 日 20:50:08 | URL | パーちゃん [編集]
2. Re:無題
>パーちゃんさん

大きい車が良いとは限らないんですけどね。
一般的には大きい車がウケますねw
2012-08-05 日 20:52:55 | URL | ことけけ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する