FC2ブログ
 
■プロフィール

ことけけ

Author:ことけけ
目指すのはジャンガリアンな生き様。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

鎌ヶ岳~御在所岳~国見岳縦走 その1 鎌ヶ岳



(注意) 画像を多数掲載しています。まだ一度も登った事が無く、事前に詳しい様子を見たくない方は閲覧しないで下さい。コースタイムや状況等の情報は、今後の私的なデータベースとする物で一般的には信頼性に欠ける物です。参考にされる場合は充分注意して下さい。






2012年10月20日 快晴

鎌ヶ岳 御在所岳 国見岳に登る



本当は先週見た中央アルプス(空木岳)に登りたかったんだけど、先週で頂上の気温が4度。

道中も長く、ちょっとしたトラブルでも致命的になりかねないので、もう少し手頃な山にする。

御在所も岩場で面白そうだえけど、もの凄く混んでるらしい。

ネットで登った人の記事を参考にしながら登山ルートを考えている時に、御在所からやけに尖がった山が見えた。鎌ヶ岳らしい。

調べると、鎌ヶ岳から御在所に縦走する人は結構居るらしい。

無駄が無いルートを考えて、


御在所 中道登山道入口に駐車

鎌ヶ岳に登る

鎌ヶ岳から御在所へ縦走

御在所から国見岳へ縦走

御在所に戻り中道で下山


というループを描くルートにしてみた。


ルートのイメージ

あくまでどんな感じかイメージする為のもので、正確なルート図ではありません。

(特に鎌ヶ岳・長石谷ルートは地図上に表示が無い為、「こんな感じかな?」程度です。)

実際に登る場合は事前に正確な地図を入手して下さい。

御在所の中道登山道は特に人気のルートで、駐車場は一杯らしい。

行程も長いから、早朝に着く様にして早めに行動する事に。

駐車場に6時着を目処に、4時半に出発。

御在所はウチからだと意外にアクセスが良い。

国道365号で南下し、国道306に入り、国道477号へ右折し鈴鹿スカイライン途中の登山道へ。

早朝だから交通量も少ないだろうし、1時間半程度で行けるかと思ったら1時間ちょっとだった。

早めに着いたけど、6時頃には駐車場はもう2、3台しか空きが無い状態。


全行程のタイムは

06:10 駐車場発

06:15 鎌ヶ岳登山道入口

08:10 鎌ヶ岳稜線分岐点

08:20 鎌ヶ岳山頂

09:00 鎌ヶ岳山頂発

09:40 武平峠分岐点

10:30 御在所岳山頂

11:00 裏道下山道(三国岳へ)

11:10 国見岳分岐点

11:45 国見岳山頂

12:40 国見岳発

12:55 御在所岳

13:10 御在所岳 中道下山道

14:20 御在所岳 中道登山道入口

駐車場発~駐車場着 8時間15分

道中の飲料水 2.4L(お茶2L+コーヒー0.4L 若干不足気味)

下 ナイロン製ズボン

上 半袖シャツ 長袖シャツ 薄手の上着(道中着用せず)



御在所の登山道は詳しく解説されているけど、鎌ヶ岳は良く分からない。

他の人の記事を参考に、おおよその登山道入口を見当付けて出発。

中道の駐車場付近から湯の山温泉方面に行く道を下る。

地図上では繋がっているけど、ゲートが有るから車の行き来は出来ない。

5分ほど下ると鎌ヶ岳の登山道入口の標識が現れる。



シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-御在所01
鎌ヶ岳登山道入口と、登山届けポスト




シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-御在所02
すぐに沢に下りる。

あれ?登山道どこ?って探すと、赤色のペンキでマーキングしてある。

その先から山道に入る。




シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-御在所03

いきなりハード。

こんな所を抜けていけと?

ザックが重い。腰にくる。




シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-御在所04
しばらく進むと、分岐点。

上に上っても鎌ヶ岳、まっすぐ進んでも鎌ヶ岳。

鎌ヶ岳に登るルートはいくつかあるみたいだけど、どれが良いか良く分からない。

地形図を見ると、まっすぐ行ったら稜線に出て眺め良いんじゃない?って考えてまっすぐ進む。

まっすぐは「長石谷ルート」と呼ばれる登山道らしい。

これが実は裏目に出る。

看板に尾根は右に登るように書いてある。

思い込みで良く見てなかった。




シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-御在所05
沢沿いの細い道を進むと、沢に下りる。

普通の山道じゃないからルートを見失いやすい。




シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-御在所07

歩きやすかったのはほんの序盤だけ。

あとは岩の間を沢登り。

何度も沢を横断しなければいけないけど、水量は少なめで渡るのが困難ではない。

でも、他の登山者の記事では大変な思いをしているケースも有った。

降水量が多い時期はやめた方が良いかもしれない。



シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-御在所06
朝は冷えるから長袖シャツ着てたけど、暑い。

脱いで半袖シャツ1枚に。

35Lのザックが一杯。

重いザックを背負って沢歩きはこたえる。


ここでソロの男性登山者と会う。

「この道で鎌ヶ岳に行けますよね?」

と尋ねると、

「このままマーキングを辿っていけば行けます。」

と、具体的に教えてくれた。

過去にも登った経験がありそうな感じ。

男性はそのまま先行して登っていく。

僕は若干置いていかれ気味。




シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-御在所08
途中、滝が有る。

沢の向こう側だから少し行けば見えるんだけど、沢登りは想像以上に体力を消耗する。

先が長いから、体力を温存して滝はパス。




シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-御在所09
てっきり、沢伝いに進み、途中から山斜面に取り付くのかと思っていたら、延々沢登り。

結局2時間くらい沢を歩き続け、やがて枯れ沢になって藪になる。

沢のルートは踏み跡が分からずに見失いやすい。

一応目の届く範囲にマーキングが有るから、目線は先へ先へ。

足元ばかり見ていると見失いやうい。




シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-御在所10
ようやく稜線に出た。

稜線に出た頃にはほとんど鎌ヶ岳。

長石谷ルートは、沢で終わるルートだ。




シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-御在所11
分岐点から鎌ヶ岳を望む。

荒々しい岩山。

御在所側から見るのとは感じが違う。

はてさて、どうやって登るんだ?




シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-御在所12
鎌ヶ岳を少し右に振って見た所。

画像左寄りの谷間を上がる。




シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-御在所13
先ほどの谷間に取り付いた所。

右の岩肌は鎌ヶ岳。

岩と斜度の具合が半端ない。




シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-御在所14
先ほどの谷間から見下ろす。

切り立った稜線に、さっき見た分岐の看板が立ってる。




シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-御在所15

ほどなくして鎌ヶ岳山頂。

快晴の鎌ヶ岳。絶景。




シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-御在所16

鎌ヶ岳から伸びる鎌ヶ峰。

あの稜線、歩けるらしい。

機会が有れば向こうの山から縦走したいと計画中。




シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-御在所17
山頂に8時過ぎに着いた。

数名の登山者が居たけど、ほぼ入れ替わりで発たれた。

独りのんびりと一服する。

これのお陰でザックがかさばって重かった。

沢や岩場は極力身軽にしないといけない。



シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-御在所18
まぁでも快晴の山頂の淹れたてコーヒーって贅沢だよねぇ。

ガソリンコンロも思ったよりは面倒臭くない。

手際よくやれば、それほど時間も掛からない。

かさばるけど、ガスもボンベがかさばるから結局大差無いのかも。



長くなるので、続きます。







オマケ

実は鎌ヶ岳、すんなりとは登れなかった。

途中でルートを間違えたからだ。

序盤で出会った男性に、「このままマーキングを辿れば行ける」と言われた。

その通り、延々とまっすぐ沢を進めば良いだけのこと。


僕は、視界にかろうじてとらえられるその男性についていった。

途中分岐する所は無く、このルートを歩いているという事は、男性もこのルートで鎌ヶ岳に登るはずだから。

1時間ほど沢を登ると、男性がかなりザレた広い斜面(砂利の斜面)を登り始めた。

そうか、ここから山の斜面に取り付くんだ。って僕も上り始めた。

見た所マーキングが無いけど、広い斜面だからどういうルートで行っても良いって事かな。

登ればそのうちマークが出てくるだろう。

しかし、かなり歩きにくい。滑り落ちそうだ。

苦労してザレた斜面を登ったは良いけど、見渡してもルートを示すマーキングが見当たらない。

だけど先の方で男性の足音が聞こえる。

それを頼りに藪に取り付き、やっと見えた細い筋を辿る。

これが登山道?

勾配は急になって、かなり危ない。

木の根や笹の僅かな手掛かりでかろうじて登れる。

うっかり滑ればまっ逆さまだ。

おかしい。

こんなに身の危険を感じるほどのルートが有るとは思えない。

登山道なら、危険な個所ならロープや鎖が有るはず。

何も無しでこんな斜面は下れるはずがない。

そもそも今まで有ったマーキングが何処にも無い。

どうやら僕が辿ったのは、雨が降ると水が流れる枯れ沢みたいだ。登山ルートじゃない。

気付いたものの、ルートが分からない。

かなり苦労して体力を消耗して登った斜面をまた戻るのも面倒。

男性も登って行ったし、何とかこのまま上がればルートに出るんじゃないか?

って思って登ろうとしたんだけど、これ以上は本当にヤバい。

岩場や鎖場では感じたことが無い、本当に身の危険を感じる。

諦めて、下りよう。

マーキングが確認出来る所まで戻ろう。
結局、その斜面は登山道じゃなかった。

登山道はそのまま沢を直進するんだ。

沢沿いに、ちゃんとマーキングが有った。


その後、偶然御在所に向かう途中で再びその男性に出会った。

その人は、あの斜面を登り、違う登山道の稜線に出るつもりだったらしい。

全部僕の思い込み。

沢から山の斜面に上るルートのはずだ(根拠の無い思い込み)。

登山道の状況を具体的に説明していたから、この人は鎌ヶ岳のルートに詳しい。

この人も鎌ヶ岳に登る登山道を歩いていくはずだ。

だからこの人に着いて行けば問題ない。

冷静に考えれば、マーキングが無い時点で気付くはずだ。

しかも、ロープや鎖も無しに安全に登れる斜面じゃないからおかしい。

だけど、思い込んでいて気付かなかった。

そもそも、あの男性は「長石谷ルートで鎌ヶ岳に登る」とは一言も言ってなかった。

「マーキングを辿れば大丈夫」っていう言葉も嘘じゃない。

僕が勝手に思い込んで、勝手に間違えてたんだ。

根拠の無い思い込みはとても危ない。

僕も時々自分が小栗旬で奥さんが長澤まさみだと思い込んでしまう時があるんだけど、事実を知った時はすさまじい破壊力に襲われる事となる。

今回は正に小栗級だ。


分からなかったら、分かる所まで戻るっていうのはセオリーだけど、疲れていたり、時間が無かったりしてつい「このまま進めば何とかなるかもしれない」って根拠も無く思ってしまう。

今回は朝で下り(登り途中の間違い)だったからまだ良かったけど、疲れきった夕方の下りで「じゃあ登り返そう」って思えるだろうか。

遭難した人の情報を見ても、多分「何で戻らなかったんだろう?」とか「こうしていれば助かったかもしれないのに」って思うけど、それは健康的な状況で安全な場所だから冷静で客観的な判断が出来ているだけ。

僕は幸い時間に余裕を持って登っていたし、だめなら鎌ヶ岳だけでも良いやって諦めて戻ることが出来た。

御在所の登山道は人が多くて混むから朝一番に登って、鎌ヶ岳の登山道で下りたかったんだけど、ルートが良く分からなかったから、鎌ヶ岳で登って御在所で下る事にした。

御在所のメジャーな登山道なら、まず迷わないだろうから。

結果的に正解だった。

ルートも不鮮明だし、疲れた身体であの岩場を延々歩くのは耐えられない。


長石谷ルートは綺麗に整備された登山道じゃない。

もちろん迷ったりしない様にちゃんとマーキングされているけど、階段が整備されていたり、間違えようも無いはっきりといた明確な道筋が有る訳じゃない。

でも、元々登山道ってそういうもののはず。

マークを頼りに進めるだけでもかなり助かるという性質のものなんじゃないかな。

だから、登山道を歩く、という練習には良かったと思うし、遭難する時の心情を実際に体験出来た事もかなり有意義だったんじゃないかと思う。

山登りに限らず「危ないから気をつけましょう」って言われても、そんな事は言われなくても分かってはいるけどそれは分かったつもりでしかなくて、実際に自分が危険な目に遭わなきゃ実感出来ないんだよね。

普通の整備された低山の登山道では満足できなくなってきているし、そのうち危険な目に遭うんじゃないかと薄々心配していたから、大事に至らずにそういう体験が出来たのは幸運だったのかもしれない。






スポンサーサイト





山行記録 | 11:13:02 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
1. 無題
危ない、あぶない、気をつけなきゃね。
安全なルートで連れてって下さいよ。
2012-10-21 日 08:34:40 | URL | IMZ [編集]
2. Re:無題
>IMZさん

男は黙ってアドベンチャーです
IMZさんも思い込みには気をつけなはれや
2012-10-21 日 16:45:35 | URL | ことけけ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する