FC2ブログ
 
■プロフィール

ことけけ

Author:ことけけ
目指すのはジャンガリアンな生き様。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

鎌ヶ岳~御在所岳~国見岳縦走 その2 御在所岳



(注意) 画像を多数掲載しています。まだ一度も登った事が無く、事前に詳しい様子を見たくない方は閲覧しないで下さい。コースタイムや状況等の情報は、今後の私的なデータベースとする物で一般的には信頼性に欠ける物です。参考にされる場合は充分注意して下さい。







2012年10月20日 快晴

鎌ヶ岳 御在所岳 国見岳 に登る



御在所 中道登山道入口に駐車

鎌ヶ岳に登る

鎌ヶ岳から御在所へ縦走

御在所から国見岳へ縦走

御在所に戻り中道で下山


というループを描くルート。

全行程のタイムは

06:10 駐車場発

06:15 鎌ヶ岳登山道入口

08:10 鎌ヶ岳稜線分岐点

08:20 鎌ヶ岳山頂

09:00 鎌ヶ岳山頂発 ← この記事はここから

09:40 武平峠分岐点

10:30 御在所岳山頂

11:00 裏道下山道(三国岳へ)

11:10 国見岳分岐点

11:45 国見岳山頂

12:40 国見岳発

12:55 御在所岳

13:10 御在所岳 中道下山道

14:20 御在所岳 中道登山道入口

駐車場発~駐車場着 8時間15分

道中の飲料水 2.4L(お茶2L+コーヒー0.4L 若干不足気味)

下 ナイロン製ズボン

上 半袖シャツ 長袖シャツ 薄手の上着(道中着用せず)





なんとか鎌ヶ岳に登る。

鎌ヶ岳山頂はそれほど広くないと聞いていたけど、ほどほどの広さは有る。

既に登っていた人と入れ替わりになって、山頂独り占め。

朝食を摂って、御在所岳へ向かう。


鎌ヶ岳は頂上直下に難関の岩登り(鎖場)が有る。

僕が登ってきた長石谷ルートはそこを通らない。

御在所方面の武平峠から登ると、その鎖場に当たる。

難所を登りたくない人は迂回路が有る。

せっかくだから、鎖場から降りてみる事に。

丁度下から登ってくる人が居た。

中年のペアと、若い女性2人組。

中年ペアは、男性は慣れた感じの人で、女性はやっとの思いで登っている感じ。でもよくしゃべる(笑)

若い女性は途中でにっちもさっちもという感じ。

一見凄そうだけど、特に難しくは無い。

ついさっき本気で身の危険を感じる岩場を登り降りしてきたから、せっかくのこの鎖場は僕には遊園地のコーヒーカップくらいの感覚でしかない。

かといって調子に乗ると怪我をする。慢心しないように心がけないと。



シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-御在所19
鎌ヶ岳の最後の難関。岩場登り。

迂回路有り。

今回はここを下りに使う。



シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-御在所20

見上げた所。




目指す次の御在所岳は、かなり遠い。

しかも縦走とは言うものの、かなり下って登り返すから、ほとんど山2つ分を登る様な感じ。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-御在所21

奥に見えるのが御在所。

山頂に建物が見える。

尾根をアップダウンしながら進む。



シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-御在所22
しばし下って鎌ヶ岳を振り返る。

なかなか見ごたえのある山で面白かった。

武平峠(鈴鹿スカイラインのピーク部にあるトンネル付近)から登るのが一般的みたいで、御在所に向かう途中すれ違う登山者が多い。

武平からだと高低差が少なく、距離も短いから比較的手軽に登れる。

でも、御在所側からだとあの荒々しい岩肌があんまり見えない。

余裕があれば鎌ヶ峰の分岐点まで裏側を降りてみると、全く違った様相が見れて面白いと思う。



シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-御在所23
ザレた(砂利っぽい)登山道で滑りやすい。

この辺りの登山道はみんなこんな感じなのか。

降りてくると平坦な土の歩きやすい尾根になる。

快晴で気分が良い。

このまま御在所まで行けるのかと思ったら、結構アップダウンが有る。

道中は眺めの良いポイントが有って、登山者が多いのも納得。



シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-御在所24
武平峠の分岐点。

トンネル付近の駐車場から登ってくるとココに当たるみたいだ。

ここで御在所方面と、鎌ヶ岳方面に分かれる。

僕は御在所岳を目指すから直進。

ここから本格的に登り返す。




シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-御在所25
鎌ヶ岳から見えていたけど、岩場有り。

中道ほどメジャーではないけど登り応えは有って、途中見晴らしも良い。

登山者もわりと多い。

出発地点の武平峠が既にかなり高い位置にあるから、このルートは比較的短く感じる。



シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-御在所26
サクサク登って御在所岳。

でもいきなり舗装路に出て興醒め。

御在所岳は観光地だ。

武平峠から登るとかなり端に出るから、舗装路を延々歩く事になる。

その途中にあった社(池)。

ステンレス製の鳥居と灯篭が何とも言えない違和感をかもしだしてる。




シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-御在所27
しばらく舗装路を歩くと、御在所岳山頂。

登山者と観光客でにぎわっている。

晴れて穏やかな天気だけど、山頂は若干風が有ってさすがに半袖では寒い。

家族連れとか若いカップルが沢山居て、大荷物のもっさいオッサンが独りだと何だか居心地悪い。登山者も多いんだけどさ。




オマケ

今回、鎌ヶ岳の登山道を外れた事以外にもう1つ失敗した事が有った。

ハイドレーションだ。

単独登山だったからハイドレーション(氷嚢みたいな袋状の水筒にホース状のストローが付いていて、行動しながら飲むことが出来るツール)を使った。

前回使ったペットボトルを利用するタイプではなく、安価に手に入れた氷嚢タイプ。

ペットボトルの様にかさばらないから携帯するには便利。

2L入りのハイドレーションに1L入れ、予備にペットボトルのお茶1L、コーヒー用のミネラルウォーターを500ml持って登った。

南木曽岳では1L程度飲んだだけだったし、これだけ有れば持ち過ぎくらいだろうと思ってたんだけど。

まず、ハイドレーションが失敗。

ハイドレーションに入れたお茶は凄く臭って飲めない。

使用前に洗ったんだけど、漏れと口から出るのを確認しただけで試飲まではしていなかった。

元々キャメルバッグ(ハイドレーションのトップメーカー)もゴム臭いというけど、僕が買ったのは安価な恐らく中国製の製品だろうから、なんだか凄く身体に悪そうな気がして飲めない。

仕方なく予備のペットボトルから消費する。

どうしようもない状況になったら、ハイドレーションを消費する事に。

幸い御在所山頂には売店や自販機が有るから、ハイドレーションのお茶は捨ててペットボトルを買い直す。

結局、道中にペットボトルのお茶2Lとコーヒー2杯(400cc程度)を消費、下山してすぐ車で1Lお茶を飲んだから、完全に飲料水不足だった。

この時期で3L要るとは思わなかった。

行程が長い場合は水分に余裕を見た方が良いけど、大量の飲料水って重いんだよね。




スポンサーサイト





山行記録 | 11:13:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する