FC2ブログ
 
■プロフィール

ことけけ

Author:ことけけ
目指すのはジャンガリアンな生き様。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

神々の山峰 (上)(下)/ 夢枕獏



神々の山嶺(上) (集英社文庫)/集英社
¥760
Amazon.co.jp

カトマンドゥの裏街でカメラマン・深町は古いコダックを手に入れる。そのカメラはジョージ・マロリーがエヴェレスト初登頂に成功したかどうか、という登攀史上最大の謎を解く可能性を秘めていた。カメラの過去を追って、深町はその男と邂逅する。羽生丈二。伝説の孤高の単独登攀者。羽生がカトマンドゥで目指すものは?


神々の山嶺(下) (集英社文庫)/集英社
¥840
Amazon.co.jp

★★★★☆


その男、羽生丈二。伝説の単独登攀者にして、死なせたパートナーへの罪障感に苦しむ男。羽生が目指しているのは、前人未到のエヴェレスト南西壁冬期無酸素単独登頂だった。生物の生存を許さぬ8000メートルを越える高所での吐息も凍る登攀が開始される。人はなぜ、山に攀るのか?永遠のテーマに、いま答えが提示される。



レビュー

「そこに山があるから」って誰の言葉だったっけ?って調べてたらヒットした小説。

とことん山登りの話。

面白そうだから読んでみた。


まず、先の言葉を残したであろうマロリーの事を知らないと何の事やら分からない。

僕はWikipediaでマロリーの事を読んで、初めて彼が遭難死した事を知った。

そして、彼がエベレストの頂に立ったのかどうか?という事が今でもロマンとミステリーである事も。


そんなマロリーをきっかけにして展開する山男の話。

壮絶だけどリアル。

折りしも先日コミックの「岳」を読んで、それもラストはエベレストを描いていたからイメージしやすい。

「岳」も面白かったけどちょっと非現実的じゃないかって思えるものの、この小説は圧倒的にリアルだ。

僕はヒマラヤについて無知だから、どこまでがノンフィクションで、どこからがフィクションなのか分からない。

ただ、序盤から中盤にかけてのカメラの争奪劇が長過ぎて萎える。

深町同様、もうそんな事はどうでも良い。

早く山を書いてくれっていう気分。


山に興味が無い人には全くつまらない小説だと思う。

でも面白かった。

コミック化されているから、そちらならもっと手軽に読めると思う。


神々の山嶺 全5巻セット (集英社文庫―コミック版)/集英社
¥3,402
Amazon.co.jp

スポンサーサイト





レビュー | 20:07:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する