FC2ブログ
 
■プロフィール

ことけけ

Author:ことけけ
目指すのはジャンガリアンな生き様。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

雪の南宮山



2013年1月27日 晴れ 南宮山 に登る。


南宮大社駐車場発 7:35 0℃ 無風

展望台 8:45 -1.3℃ 無風

南宮大社駐車場着 10:10 


道中の飲料水 0.2L(コーヒー)

着衣 上 半袖シャツ 長袖ヒートシャツ 長袖上着(登り未着用)

下 化繊のズボン



登山と言うほどのものではないけど、前日に雪が降ってランニングは出来そうにないし、400m程度の山なら積雪状態でも楽しめそう。

朝イチで登れば10時位には帰れるだろうから、家族に迷惑も掛けない。

スノーシューを試す時が来たね!



朝7時に自宅を出る。

路面は凍結状態。これは期待出来そう。

南宮大社の駐車場に登山者の姿は無く、駐車場の雪かきをしている人くらいしか見当たらない。

準備して7時半に出発。



シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-南宮山1301
雪の南宮大社。

夏場にも登っているけど、雪が降るとまた違って良い。



シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-南宮山1302
しばらく進むと足跡が無くなる。

まだ誰も歩いていない。

西回りと東回りの分岐点(池の付近)。

雪は思ったより積もっていない。



シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-南宮山1303
雪の南宮山、良い感じ。

でも序盤は雪はかなり少ない。



シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-南宮山1304
つづら折れ途中の休憩所から。

普段はただの林だけど、雪が積もると違って見える。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-南宮山1305
雪の御神木。

ちょっとカメラに収まらない。

雪深いと思って長靴で歩いてきたけど、この辺りは特にスノーギヤを必要とするほどじゃない。

スパッツを使えば普通の登山靴でも登れそう。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-南宮山1306
途中の神社を過ぎた辺りから少し雪が増える。

と言っても、くるぶし程度。

膝までズッポリ埋まるのを覚悟していただけに少々拍子抜けだけど、雪の中を散歩すると思えば良い感じ。



シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-南宮山1307
展望台に到着。

良いタイミングで良い天気になってくれた。

誰も居ない雪の南宮山は良い。

後からソロの男性が2人登って来た。

この時期でも登山者(というより散歩や日課的な人)は多い。



シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-南宮山1308
展望台から濃尾平野。

一面銀世界で良い眺め。



シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-南宮山1309
雪の南宮山。

一気に冬山っぽくなって良い雰囲気。

手軽な山だけど楽しい。



シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-南宮山1310
良い天気。

雪+快晴で最高。

風が無いから寒くない。

ベンチや東屋が有るからのんびり出来る。

南宮山山頂までの道をちょっと覗いたけど、特に積雪が変わる様な感じではなかったのと、あまり時間に余裕が無かったから今回は展望台まで。



シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-スノーシュー1301
道中はスノーシューやアイゼンを必要とする状況ではなかったんだけど、折角持ってきたから今後の練習の為に履いてみた。

意外や意外、これだけデカいのに想像より遥かに歩きやすい。

もっと歩き難い物なのかと思ってた。

ベルトはスノーボードのビンディングみたいな感じで装着しやすい。

剛性に乏しい長靴でも履けるし、長靴でもちゃんと歩ける。

安物だったから期待していなかったけど、これは良い。

難点はデカくて持ち運びが大変という事と、信頼性が乏しいから本当の山奥で壊れるとシャレにならない。



シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-スノーシュー1302
展望台から斜面を下ってみる。

ふかふかの雪で普通ならズッポリ埋まってしまう&急斜面にも関わらず、平気に歩ける。

普段歩くことが出来ない所を容易に歩ける。

これは何というかちょっとした衝撃。

スノートレッキングが流行るのも分かる気がした。

登山の為のツールという捕らえ方をしない方が良いのかもしれない。




地元の低い山だし、何度も登っている山だけど、雪が積もると違った感じがして面白かった。

丁度雪が降った直後の快晴、しかも週末っていうのも絶好の条件だった。

スノーシューも試せたし、往復2時間程度の行程でも充分楽しめた。







スポンサーサイト





山行記録 | 11:16:58 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
1. 無題
なるほど~、スノーシュー欲しいな~。あの、ちょっと小さめのがいいかな?
でもお金が・・・。実は土曜日にスキーブーツ壊しちゃって、新品買おうか悩んでるの(-_-;)
2013-01-28 月 20:49:52 | URL | IMZ [編集]
2. Re:無題
>IMZさん

スキーブーツ無ければスキー出来ないでしょ。
スノーシューは無くても雪深い所に行かなければ良いんじゃないですか。
もしくはスキー履いて山歩くとか?
2013-01-29 火 12:24:47 | URL | ことけけ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する