FC2ブログ
 
■プロフィール

ことけけ

Author:ことけけ
目指すのはジャンガリアンな生き様。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

残雪の烏帽子岳





(注意) 画像を多数掲載しています。まだ一度も登った事が無く、事前に詳しい様子を見たくない方は閲覧しないで下さい。コースタイムや状況、使用道具類等の情報は、今後の私的なデータベースとする物で一般的には信頼性に欠ける物です。参考にされる場合は充分注意して下さい。





2013年3月10日 曇りのち雨

烏帽子岳に登る


11:00 駐車場発 微風

12:15 山頂 強風

13:20 駐車場着 時々強風


駐車場発~駐車場着 2時間20分

ルート分岐点付近で 3.5℃


道中の飲料水 0L


着衣(上) 長袖ヒートシャツ カッパ パーカ(未着用) ULダウン(未着用)

着衣(下) 化繊のズボン カッパ

靴 長靴 

スノーシュー アイゼン(未使用)


先週も先々週も山に出掛けて、今週は山に行くつもりじゃなかったんだけど、不意に時間が出来たので出掛けてきました。

ただ、朝に用事が有って早くても10時位にしか出発出来ない。

本当なら伊吹山か、先週登り損ねた鈴北岳に再挑戦したかったんだけど、時間的にハードな山は無理。

各務ヶ原辺りの山を散策するか、金華山の縦走ルートでも歩こうかと思ったものの、市街地を抜けて行くのに思いのほか時間が掛かりそう。

それなら三重県方面に向かった方がムダが無さそう。

岐阜県と三重県の県境辺りに位置する烏帽子岳を目指す事に。




シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-烏帽子ルート
三重県に向かう国道365号は信号も交通量も少なく快適に移動出来る。

365号を南下し、緑の村公園を過ぎた辺りを斜めに右折。

烏帽子岳登山道の標識を頼りに駐車場へ。

登山道への案内板が設置されているから迷う事は無いと思うけど、道中一部通行止めになっている(堤防が崩れて通れない)。

迂回して進む。

通常は5~6月頃に山開きする。

それ以外の時期に登るのは自己責任で(山登りは山開き中も自己責任だろうけど)。

頂上付近でループしているのは、展望岩コース(北)と、大岩コース(南)があるから。

(ルート図は山旅ロガーで記録したデータをカシミールで表示させています)



シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-烏帽子01
広い駐車場と、綺麗なトイレ、水場完備。

東屋も有るので助かる。

昨日はとても良い天気だったのに、今日はイマイチ。

雨がぱらついてる。

駐車場には僕以外に車が2台。

この気温なら吹雪になる事は無いだろうから、カッパを着て出発する。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-烏帽子02
駐車場から登山道へ。

標識が有るからすぐに分かる。

杉の木林に入ったと思ったらすぐに田んぼに出る。

田んぼと池の脇を通って、山の中へ。

登山道の案内板が有るから迷う事は無い。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-烏帽子03
序盤は杉の木林を歩く。

小雨だから、林の中だと濡れない。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-烏帽子04
雑木林を抜ける。

濡れないからカッパ脱ぐ。

長靴履いて来たのは失敗だったかも。って思う。

この状況なら軽登山靴でも充分。だと思う。この時点では。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-烏帽子05
木々の隙間から少しだけ山が覗く。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-烏帽子06
天気イマイチ。

でも本降りや吹雪じゃないから助かる。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-烏帽子07
開けて明るい林を歩く。

でも結構な斜面でペース上がらない。

途中親子?の2人組に追いつく。

僕が背負ったスノーシューを見て「雪有りますかね?」と尋ねられた。

「いやー分からないです。」って答えたけど、スノーシュー要るんかいな?

しばらくして、下ってくるソロの男性とすれ違う。

やっぱり11時スタートでは遅いよな。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-烏帽子08
尾根沿いを歩く。

尾根に出ると風が強い。

気温はそれほど低くない(6~7℃位)のと、雨が本降りじゃないので救われる。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-烏帽子09
第1見晴らし台。

見晴らし台以外は良い眺望は望めないけど、明るい林と尾根沿いの道で悪くない。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-烏帽子10
第4見晴らし台。

ここは広くて風も無いから休憩するには良いかも。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-烏帽子11
見晴台横には残雪。

この辺りまでは登山道や付近に雪は無い。

残雪と雨でぬかるむ事を予想して長靴で来たんだけど、この程度なら軽登山靴で充分だったかも。って思ったんだけど。

スノーシューを担いで来たのもムダだったかも。って思ったんだけど。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-烏帽子12
登山道分岐路。

こちらは北よりを周回する展望岩コース。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-烏帽子13
大岩コース。

こちらの方が雪は少ないのかな?って思ったんだけど・・・


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-烏帽子14
とりあえず展望岩コースを進む事に。

踏み跡が多数有るから迷う事は無いけど、雪に埋もれない様に歩こうとすると淵を歩かなくちゃいけなくて結構危なっかしい。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-烏帽子15

登山道から見下ろす。

踏み外すと転げ落ちそうだな。

画像では大した事なさそうに見えるけど、そこそこの急斜面。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-烏帽子16
分岐からしばらくは良かったんだけど、そのうち雪深くなる。

吹き溜まりみたいで残雪が多い。

踏み跡を踏んで行けば良いんだけど、稀に踏み跡を踏み抜くと膝下位まで埋まる。

長靴で良かったかも・・・


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-烏帽子17

展望岩まで来たよ。

なるほど、良い眺め。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-烏帽子18
展望岩から進路を南に変えて登り返す。

展望岩を過ぎると雪が無くなる。

歩きやすくなったけど、風がかなり強い。

雨は降っていないけどカッパを羽織るべきか悩む。

この強風の中だとうっかりするとカッパ飛ばしそう。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-烏帽子19

大岩コースとの合流地点を経て、山頂。

山頂までは雪で困る事は無かったけど、やはり風が強い。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-烏帽子20
風を避けて休憩しているパーティを見かける。

眺めもイマイチだし、ここではとても休憩できそうにないからすぐに下る。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-烏帽子21

大岩コースを下ってみる事に。

分岐地点は標識が有るからすぐに分かるんだけど、少し進むと踏み跡が無くなる。

動物の足跡しか見当たらない。

って事は、今まで見かけた人達は全て展望岩コースを歩いていたのか。

残雪で登山道が見えない。

かといってまたあの強風の展望岩コースを歩くのもなぁ。

尾根伝いに歩けば大丈夫そうなので、そのまま下る。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-烏帽子22
尾根を脇に反れない様にしながら歩きやすい所を選んで進むと、すぐに展望が開けた。

大岩コースの、東向きから北向き(下り時)に折れ曲がる地点。

登山道を外れていない事が確認出来て一安心。



シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-烏帽子23

んがしかし、北向きになった途端に雪深い。

吹き溜まりになってるみたい。

長靴でも埋まるので、やむを得ずスノーシューを履く。

ムダになるかと思ったけど、スノーシュー役に立った。

大した区間じゃないけど、無いと歩けない。

足跡は無いけど、何となくこれが登山道かな?っていう感じの所を歩いて下る。

ほどなくして展望岩コースとの分岐に出る。

大岩コースの方が距離は短そうだけど、歩いている人は少なそう。

展望岩の方が眺めが良いからかな?

見晴台まで戻って、さて休憩して食事摂ろうかと思ったらひょう混じりの雨が降り出した。

ゆっくり休憩してられないので、カッパ着てそそくさと下る。

下りは結構降られた。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-烏帽子24
下って、東屋で食事。

あぁ屋根が有るって素敵。

一応寒いと困るからガソリンストーブを持って行ったんだけど、これがかさばる。

低温でも使えるのは良いけど、低温ではゆっくり休憩出来ないからあんまり意味が無いかも。

それでも、新しいアルコール燃料(プレヒート用)と風防 のお陰でちゃんとお湯が沸く。

今回は棒ラーメンにしてみたよ。

棒ラーメンって山登り始めるまで知らなかったんだけど、そうめんみたいな乾麺のインスタントラーメン。

そうめん形状だからとてもコンパクトになるし、味もそこそこ美味しい。

ただ、1パック2食入りだから、封を開けると1食残っちゃうんだけど。

あと、そうめん形状だから乱雑にザックに押し込むと麺がパラパラになる。

お歳暮海苔の空き缶に入れて持って行ったけど、食べても缶の大きさは変わらないからかさばる。要検討。

あと、インスタントおしるこ と、ドリップコーヒー。

寒い時におしるこウマー(*´Д`)=з 最高やね。

ラーメン食べている間お湯が沸かせないから(コッヘルでラーメン食べてるから)、コッヘルは2つ持って行った方が効率が良いな。

山頂でゆっくり出来たら良かったんだけどなー。



天気がイマイチだったせいもあってか、登山者は少なめ。

親子の2人組、ソロの中年男性、若者の3人パーティのみ。

烏帽子岳は登山道もよく整備されていて登りやすいし、行程も程ほど。

ただ、今の時期はあまり良くない。

思いきり雪山を満喫したいなら遅過ぎるし、気軽に登山を楽しみたいなら残雪が多くて早過ぎる。

登るならもう少し待った方が良いと思った。

でも杉の木林を歩くから、花粉症の人はしばらく登れないかも。



土曜日はとても良い天気で暖かかったのに、折角空いた日曜日は生憎の天気。

先々週の部子山もイマイチ、先週の鈴北岳は吹雪、今回の烏帽子岳は雨と、ここの所散々。

でも、まぁ良いかって思ってる自分が不思議。

そりゃあ絶好の好天に登りたいに決まってる。

でも自然相手だからね。
吹雪きでも雨でも登れるだけマシかなって寛容な気持ちになった。

でも東屋無かったらちょっと悲惨だったかもね。



オマケ

序盤で暑くなったからグローブを外そうと思って手元を見ながら歩いていたら、倒木に思いきり頭ぶつけた(x_x;)

おでこと鼻の頭を擦り剥きました。

メガネをぶっ壊さなくて良かった。

歩きながら他の事をやるのは危ないのでやめましょうね。







スポンサーサイト





山行記録 | 11:18:28 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
1. 無題
お疲れさまです。
下界でもすごい風でしたよ。雨も降ったりで・・・。
明日は久々の有給。どこへ行こうか迷ってます。
2013-03-10 日 21:38:14 | URL | IMZ [編集]
2. Re:無題
>IMZさん

スキー行かないとシーズン終わっちゃいますよ(笑)
2013-03-11 月 06:36:57 | URL | ことけけ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する