■プロフィール

ことけけ

Author:ことけけ
目指すのはジャンガリアンな生き様。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
御在所 イブネ クラシ 雨乞岳 その2



(注意) 画像を多数掲載しています。まだ一度も登った事が無く、事前に詳しい様子を見たくない方は閲覧しないで下さい。コースタイムや状況、使用道具類等の情報は、今後の私的なデータベースとする物で一般的には信頼性に欠ける物です。参考にされる場合は充分注意して下さい。


※行程が長く、文字数制限で1つの記事に出来ません。この記事は、後半の、イブネ、クラシ、雨乞岳です。



2013年5月18日(土) 快晴

御在所山 イブネ クラシ 雨乞岳に登る


06:30 駐車場発 無風 16℃

06:15 武平峠

07:25 御在所山山頂 弱風 9℃

08:10 裏道登山道下山口 無風 12℃

08:20 裏道-国見岳-上水晶谷分岐 無風 12℃

09:10 根の平峠-杉峠分岐 無風 15℃

09:25 コクイ谷出合い

10:00 御池鉱山跡 無風 17℃

10:30 杉峠 微風 18℃

10:45 杉峠

11:25 イブネ山頂 微風 23℃ ←この記事はここから

11:50 クラシ山頂 無風 20℃

12:40 イブネ発 弱風 17℃

13:20 杉峠 無風 19℃

13:45 雨乞岳山頂 微風 21℃

13:55 東雨乞岳山頂 微風 21℃

14:10 七人山コル 微風 17℃

14:45 コクイ谷分岐 微風 15℃

15:25 雨乞岳登山口 無風 15℃

15:25 駐車場


駐車場発~駐車場着 18km 8時間55分


道中の飲料水 2.4L(お茶2.0L コーヒー0.4L 不足気味)


着衣(上) 半袖シャツ 薄手の上着 ULダウン(未着用)

着衣(下) 化繊のズボン

靴 軽登山靴




シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞87
山と高原地図44 より抜粋


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞86
今回歩いたルート。

山旅ロガーでGPSのログを取り、カシミールで表示させています。




その1 からの続き


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞42

雑木林の中の、ダイジョウとの分岐を佐目峠方面に進む。

すぐに雑木林を抜けて開けた稜線に出る。

そうそう、ここだよここ。

僕が来たかった所。

シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞43
開放的な稜線を登る。

いいなー。

いいねー。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞44

振り返ると雨乞岳と東雨乞岳。

東雨乞岳(左)は頂上が開けていて、登山者が居るのが良く見える。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞45
御在所と鎌ヶ岳。

奥のギザギザした山並みが御在所。

右奥のとんがってるのが鎌ヶ岳。

鎌ヶ岳は見る方角によって全然違って見える。

何処から見ても尖がっているけど。

手前のこんもりした山が七人山。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞46

道中にお花。

ハエをパクっと食べそうな形をした花だけど、多分違う。

背景にピントが合って、花に合ってない。

何度やっても花に合わない。

デカくて邪魔な高機能デジカメ持っていったのに役立たず。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞57
道中にお花。

後で知ったけど、アセビの花らしい。

すずらんみたいな形をした花が沢山咲いてた。

でも低木で1本だけ。

今が見頃です。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞48
いいなー。いいなー。って感動しながら歩くとすぐにイブネ頂上。

向こうに見えるのが、雨乞岳(右)と東雨乞岳(左)

朽ちかけた看板が立ってる。

いいなー。

なんて開放的なんだろ。

雨乞岳は多分登山者沢山居るだろうけど、イブネでは見かけない。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞49
イブネから、御在所と鎌ヶ岳。

イブネ山頂付近は木が無くてとても開放的で良い感じ。

すごく良いけど登山者は少ない。

アクセス悪いからかな。


さて、これからどうしよう。

この先にクラシっていう山(?)があるみたいだけど、登山地図を見ると登山道は破線な上に(迷)って書いてあるから、明瞭な登山道ではないのかもしれない。

そもそも、「クラシ」がどんな所なのかもわかんない。

周回ルートを外れているから、行ったら戻ってこないといけないし。

と、丁度クラシ方面から歩いてくる若者が1人。

ヒゲ面の怪しいオッサンが出来るだけ愛想良く、「クラシは行ってみましたか?」って尋ねてみる。

お兄さんは親切に色々と教えてくれた。

この先も踏み跡は明瞭である。

この先にイブネ北端という看板がある。

イブネ北端から曲がって進むと、クラシが有る。

クラシは藪の中で眺望は良くない。お手製の小さな看板が有るだけ。

クラシまでの道中は良い。

という事を、デジカメの画像まで見せてくれながら教えてくれた。

なんて好青年なんだろう。

お礼を言ってクラシへ向かう。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞50
イブネ山頂付近は広いから踏み跡を見失いがちだけど、そのまま直進すれば良い。

コケの生えた広い稜線上に、クラシへ向かう踏み後が続く。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞51

踏み跡を辿って、イブネ北端。行き止まり。

眺めは良い。

というか、道中ずっと眺めが良い。

素敵な尾根道。

ここから北(左)に折れて進む。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞52
イブネ北端からクラシ方面。

丁度ソロの男性が歩いてきたのでクラシに行ってみたか聞いてみる。

手前の木の生えていないこんもりした所がクラシかと思ったけど、その先の林の中がクラシだって教えてくれた。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞53

クラシ手前の小高い所。

登山地図ではこの場所がクラシになっているみたい。な感じ。

開放的で悪くは無い。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞54
低木の雑木林に入ってすぐに分岐がある。

大峠、銚子ヶ口方面に向かうルートと、クラシ山頂へ向かう道。

これはクラシ山頂手前。

しゃくなげが生い茂ってるけど、一応踏み跡は有るから登山者はボチボチ居るんだろう。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞55

クラシ山頂(多分)。

お兄さんと、ソロの男性が言っていたのはコレの事だね。

特に見るべきものは無さそうだから引き返す。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞56
しゃくなげはちらほら咲いてる。

見頃はこれからかな。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞58

イブネへサクサク戻る。

既にかなり歩いていて、かなり時間を使った。

帰りを考えると、あんまりのんびりしている余裕は無さそう。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞59
イブネに戻る途中、北よりに庭園みたいな雰囲気の場所が見える。

歩いていけそう。

あそこでお昼にしよう。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞60

庭園風に下りてきた。

いい雰囲気の場所。

誰も居ない。

でも一応踏み跡がある。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞61
庭園風から、今来たイブネを振り返ったところ。

静かで良いな。

食事していると、イブネを登山者パーティが歩いて行った。

ほどほどには登山者居るみたいだけど、晴れた週末にしては静かで良いところ。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞62

イブネに戻り、コケロードを歩く。

イブネ、クラシ方面は予想以上に良い所だった。

ただ、武平峠から雨乞岳まで2時間、そこから更にイブネまで2時間くらいと考えると、日帰りで歩ける人は限られてくる。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞63
でも、とても良い雰囲気の山だった。

よかったなー。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞64

杉峠へ戻り、再び雨乞岳への急登。

しんどい。

登りきると岩場の稜線で良い感じ。

登山者もちらほら居るけど、思っていたほど沢山ではなかった。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞65
岩場の稜線からイブネ方面を望む。

良い山だったな。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞66

顔まで有る笹薮を抜けると雨乞岳山頂。

笹に覆われている。

眺望は東雨乞岳の方が良いけど、なんせ本家雨乞岳だからね。

もっと登山者がわんさか居るかと思ったら、1人しか居なかった。

既に下り始めているのかな。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞67
雨乞岳から東雨乞岳へ向かう笹の道。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞68

笹の稜線を歩く。

なかなか良い雰囲気。

竜ヶ岳を思い出す。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞69
笹の稜線から鎌ヶ岳。

目の前は深い谷で遮る物が何もない雄大な眺め。

雨乞岳が人気なのもうなづける。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞70

東雨乞岳山頂。

山頂から雨乞岳方面の画像。

奥が今歩いて来た雨乞岳。お隣さんです。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞71
東雨乞岳から御在所方面。

良い眺め。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞72

東雨乞岳からイブネ方面。

今日歩いて来たコケロードが見える。

あそこから歩いて来たんだな。

結構歩いたよ。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞73
東雨乞岳から下るよ。

頂上直下は笹薮。

でもごく最近刈り払われたみたいで、歩きやすい。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞74

笹薮を抜けると雑木林の急な下りになる。

登りはしんどそう。

でも、武平峠から雨乞岳へのルートは急な登りが続くシチュエーションが割と少ない。

体力的には楽が出来そう。な気がする。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞75
下ってきて、七人山コル。

コルっていうのは鞍部らしい。

鞍部っていうのは、山と山の間の一番低くなっている所。

登山道は右に曲がる。

真っ直ぐ登ると七人山だけど、明瞭な登山道は無いみたい。

素直に帰ります。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞76

七人山コルからは沢沿いを歩く。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞77
沢を幾度か横断するものの、大半は明瞭な踏み跡が残る登山道で、マーキングもあるし、ルートを見失う事はなさそう。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞78

一部崩落によって登山道が寸断されている場所が有る。

登山者が多いからそれでも踏み跡が出来て歩ける様になっている。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞79
一部沢の中を歩く所もある。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞80

沢を抜けると、コクイ谷との分岐。

遭難で名高い谷。

「とても迷いやすいから気をつけろ」って看板が立っている。

コクイ谷だけでなく、道中にレスキューポイントの看板が設けて有る。

遭難した場合、どこのポイントか知らせる事が出来れば、スムーズな救助が出来るという事らしい。

って事は、レスキューポイントは携帯が繋がるんだろうか?

その他に、今、雨乞岳へのルートの何処に居るのか表示された看板がいくつか設けて有る。

クラ谷ルートは多分迷わないとは思うけど、登山道が向きを変えたり、斜面の左をトラバースしていたのが右になったり、沢を何度か横断したりするから、何も見ずに何も考えずに歩いていると方角が分からなくなる。

地図で今自分がどの地点に居るのか、看板の所だけでも把握していると違うと思うし、少なくとも地図を読む練習にはなるはず。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞81

この辺りは雑木林を抜ける歩きやすい登山道。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞82
コクイ谷との分岐を過ぎると沢を離れて斜面をトラバースするか細い登山道になる。

ルートミスをする事はないだろうけど、歩きにくくなる。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞83

歩きやすい道も多いけど、歩きにくいポイントも有る。

か細いトラバース路で木の根っこ。

疲れた脚で引っかかると、バランス崩して落っこちかねない。

帰りは特に慎重に。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞84
やがて植林された杉林の中に入る。


シングル・スマイル ver ブロぐ 最近なんだかストリングスでヤッホー!-雨乞85

雨乞岳登山口に出る。

登山口は鈴鹿スカイラインの武平峠トンネルを滋賀県側(西)に抜けた北側に有る。

駐車場の横で、登山届けのポストもここ。

僕が停めた駐車場は道を挟んだ反対側だから、登山口から駐車場はすぐ。




今回はかなり歩いた。

僕より歩く人も沢山居るだろうけど、例えば雨乞岳までの往復を一般的な登山行程とするなら、2回分くらい歩いているんじゃないかと思う。

だから今回歩いたルートが一般的なのか、参考になるのかは微妙だと思うけど、そんな中で僕が感じたこと。


イブネ、クラシ方面はとても良かった。

ただ、最短のルートでも片道4時間ほどの行程になる。

反対側からたやすく登るルートも無い。

静かで見晴らしが良くて開放的な山なので、歩ける人にはお勧め。


武平峠から御在所への登山道は、下りに使うとキツい。

段差が大きいから膝に過度な負担が掛かる。


上水晶谷のルートは思いの他キツい。

登りも下りもキツい。

ルートに入れるなら、時間と体力に余裕を持たせたスケジュールを組んだ方が良い。

個人的にはなるべく帰り道では使いたくない(体力を消耗した状態で登り返すのはしんどい)。


雨乞岳へのルート(クラ谷ルート)は、予想していたものよりもイージーだった。

登山口から序盤の急斜面をトラバースする所以外は、困難な場所は少ない。

マーキングも有り、踏み後も有り、登山者も多いから迷う事は無い。

また、スタート地点の標高が既に高い事と、大半はトラバースする所、沢沿いを歩く所で傾斜が少ないので、延々と急登する様なルートではないのも楽。

ただ、これは僕が「雨乞岳は道迷いで凄く遭難しやすい」という先入観が有ったからそう思うだけで、歩く人のレベルによっては難易度が高いと感じるかもしれない。



御在所と雨乞岳という人気の山々を歩くという事で、登山者がうじゃうじゃ居るのはやむを得ないと思っていたんだけど、御在所は早朝のため、雨乞岳は多分時間が少し遅かった為だと思うけど、登山者が多過ぎてウンザリっていう状況にはならず、予想外に静かな山歩きが出来た。

ただ、欲張り過ぎて行程が長過ぎて、のんびりする時間的な余裕が無かったのが残念。

イブネだけを目的にのんびり行くのも良いかもしれない。


コクイ谷の難易度がちょっと気になった。

どの程度のルートなのか、地図を見ながら歩いても迷うのか、僕のレベルで踏破出来るのかどうか試してみたい気もするんだけど、僕は沢よりも尾根を歩きたいので、今度は鎌ヶ岳南の鎌尾根を歩いてみたい。


御在所周辺は登山道が網の目の様になっていて、多彩なルートが組める。

一部歩くことで雰囲気が分かったのは良かった。

自宅からのアクセスも悪くないから、色々歩いてみるのも良いかも。

ただ、御在所の中道登山道の人の多さには閉口しちゃうよ。



オマケ

早朝出発する時は朝もやがかかっていたから油断したけど、日中は良く晴れて、良く日焼けした。

日焼け止め塗らなかったから、風呂に入るのが苦痛。

日焼け対策はしっかりと。






スポンサーサイト


山行記録 | 11:21:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。