■プロフィール

ことけけ

Author:ことけけ
目指すのはジャンガリアンな生き様。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
狗留尊山~烏帽子岳~三国岳~焼尾山 縦走 
(注意) 画像を多数掲載しています。まだ一度も登った事が無く、事前に詳しい様子を見たくない方は閲覧しないで下さい。コースタイムや状況、使用道具類等の情報は、今後の私的なデータベースとする物で一般的には信頼性に欠ける物です。参考にされる場合は充分注意して下さい。



2013年9月14日(土) 曇り時々晴れ
鈴鹿山系 狗留尊山(くるそん)~烏帽子岳(えぼし)~三国岳~焼尾山を縦走する

06:40 林道脇 無風 23℃
06:50 登山口 無風 22℃
07:35 狗留尊山 微風 20℃
08:35~08:55 鉄塔 弱風 20℃
09:50 三国山 微風 19℃
10:00 三国山最高点 弱風 20℃
10:40 焼尾山 微風 21℃
11:30 三国山 微風 20℃
12:40 烏帽子岳 弱風 21℃
13:10~13:30 狗留尊山 弱風 21℃
13:55 林道脇

駐車場発~駐車場着 15.5km 7時間15分
駐車場:標高357m  最高点:標高922m 標高差565m

道中の飲料水 3.5L(お茶2.5L コーヒー0.5L ジュース0.5L)

着衣(上) 半袖シャツ 薄手の上着(未着用)
着衣(下) 化繊のズボン
靴 トレランシューズ+スパッツ


130914国見ルート
今回のルート。
山旅ロガーでGPSのログを取り、カシミールで表示させています。
カシミールを使って地図を作る手順をまとめたので 、必要な方はそちらを参照下さい。

週末の天気は土曜日だけ晴れ。
土曜日は夕方に家の用事が有るから、遠方の高山は無理。
伊吹山にしようかと思ったんだけど登山者でごった返してそうだったから、鈴鹿山系の三国山に行ってみようかと思った。
1000m以下の低山だから、烏帽子岳から縦走する。
地形図を作っていると、烏帽子の隣に狗留尊山という山が有る。
これは縦走ルートから外れるなぁって思って良く見ると、狗留尊山に直接登るルートが有り、そこから狗留尊山に登り、烏帽子岳、三国山と歩けば無駄なく縦走出来る。
ただ、周回ルートは取れないのでピストンする。


出発点は、岐阜方面からだと国道365号を南下。
立田小学校の交差点を斜めに右折(小学校付近を基点とするルートも有り)。
道なりに進み、長楽寺の看板を目印にして長楽寺へ。
長楽寺付近に車を停めて林道を進むと登山口が有る。


130914国見01
長楽寺。
立派なお寺。
お寺の駐車場も有るけど登山に使うには申し訳ないので、寺の先の施設脇に停めるのが良いかな。

130914国見02
林道の先に4台程停められる空き地が有るって書いて有ったから林道を進んだらハマった。
路面は舗装されてるけど、倒木でドアをガリっとやったり、崩れた土砂で路肩に落ちそうになったり、マジで危ない。
何とかUターンして適当な空き地に停めた。
素直にお寺付近に停めた方が良い。

130914国見03
林道はコンクリート舗装で走りやすいんだけどね。
軽トラなら良いんだけどね。

130914国見04
竜王さんの大杉が有るらしいんだけど、見ると沢の脇にとってもアドベンチャー的な道(?)が・・・
今日は素通り。

130914国見05
すぐに登山口。
手作り感いっぱいな標識が立ってる。

130914国見06
一発!
はいはい、登りますよ。
風が無くて凄く蒸し暑い。

130914国見07
狗留尊山。
登山口から45分。
山と高原地図では破線(不明瞭なバリエーションルート)となっていけるけど、狗留尊山までは明瞭でマーキングもしっかりしてあって迷いにくい。

130914国見08
山頂の先に電波反射塔。
見晴らしが良いらしいけどガスってる。
帰りは晴れるかもしれない。烏帽子に向かう。
狗留尊山山頂から烏帽子岳に向かうしょっぱなが一部不明瞭。
山頂の広場からやや左手方向の藪に突入していくと踏み跡が有る。
一度ルートに入ってしまえば辿りやすいし、烏帽子岳方面から来る場合は迷わない。

130914国見09
電力会社の保安巡視路を歩かせてもらってる感じ。
アップダウンを繰り返すけど、ドきつい高低差は無い。
保安巡視路が枝分かれしている所が有るけど、狗留尊山から烏帽子岳へは尾根伝いに真っ直ぐだからマーキングを見て逸れないようにすれば迷いにくい。

130914国見10
やがて、尾根をトラバースした先で突き当たって分岐。
今来た狗留尊山への(手書きの小さな)標識は有るものの、分岐の標識は見当たらない。
道なりに左に進んだけど、実はこれが失敗だった。

130914国見11
しばらくして分岐。
時山バンガロー方面と書かれている。
地図で確認すると、時山への分岐は烏帽子岳よりも先に有るはず。
トラバースしていたのは烏帽子岳で、烏帽子岳を素通りしてしまった。
先ほどの分岐を右に登り返さなきゃいけなかったんだ。
今更戻るのも億劫なので、烏帽子岳へは帰りに寄る事にして先に三国山を目指す。

130914国見12
分岐に出て左へ進む。
標識が無い。
帰りに間違えて真っ直ぐ行かないようにしないと。

130914国見13
烏帽子岳から三国山へ向かうルートは、今までと打って変わって険しくなる。
アップダウンが激しく、切り立った斜面の細い道をトラバースしたりする。
標識が全然無くて、本当に三国山へ向かっているのか不安になるけど、時山バンガロー分岐を過ぎると分岐は無いはず。

130914国見14
不意に鉄塔に出て開ける。

130914国見15
これから進む三国山方面。
先に見えるポッコリ山は三国山ではないみたいだ。

130914国見16
振り返って、歩いて来た烏帽子岳方面。
烏帽子岳で朝食休憩取るつもりだったけど素通りしてしまったから、鉄塔下で休憩。
尾根を渡る風が強くて涼しい。

130914国見17
烏帽子岳~三国山間は結構アドベンチャー的な登山道。
がっつり下って

130914国見18
がっつり登る。
しんどい・・・
帰りの体力を温存しとかないとマズいよこれ。

130914国見19
巨大な岩場に突き当たる。
岩に向かって右側にマーキングが見える。
右から巻くのか・・・

130914国見20
って思ったら、「右からよじ登る」だった(笑)
岩をよじ登った先もなかりの急登。
想像以上にハード。

130914国見21
岩場を抜けると分岐が有る。
ここの分岐にも標識は無い。
三国山から西向きに進む登山道らしいけど、三国山から烏帽子岳に向かう場合はうっかり直進してしまいかねない。
マーキングがしっかりされているけど、先ほどの岩場に下る登山道はちょっと不明瞭で、初めて歩く時は覗き込んでも本当にルートなのか不安を感じると思う。
分岐後急登を経て

130914国見22
三国山山頂。
眺望は良くないけど静か。
というか、今朝から今まで誰1人出会わない。

130914国見23
三国山山頂から少し南に進んだ先に、三国山の最高点が有る。
石が積んである。
さてどうしよう。
ここで引き返すか、もう少し進むか。
ここまで結構ガッツリと歩いてる。
という事は、帰りもガッツリ歩かなきゃいけない。
歩くのはともかく、夕方に帰らなきゃいけないから遅くとも15時には車に戻らなきゃいけない。
タイムリミットは11時位かな。
山と高原地図には、鞍掛峠付近に焼尾山というのが有る。ここから1時間くらい。
そこまで行って引き返そう。

130914国見24
しばらく歩いてちょっと後悔する。
結構下って、結構登り返す。
かなり体力を消耗する。
時間も消費する。
更に厄介なのは、登山道が不明瞭だって事。
タイムリミットが有る状況でルートを見失うのは精神的にかなりやられる。

130914国見25
ようやく鞍掛峠の分岐。
ここだけ立派な標識。
後は全く無かった。
しかも鞍掛峠と三国山は書いてあるけど、焼尾山とその先のルートに関しては書かれていない。

130914国見26
標識には書かれていないルートを東に進む。
山と高原地図では破線のルートだけど、かなり明瞭な登山道。

130914国見27
焼尾山山頂(多分)。
標識が無くてうっかり素通りしてしまった。
登山道が下りだして、あれ?おかしいんじゃね?って引き返す。
GPSで確認すると、やはりここが焼尾山山頂っぽい。
特に特筆する物は無い。
ピークハント以外には魅力は無さそう。

130914国見28
時間と体力をかなり消耗した。
三国山で引き返せば良かったって思いつつ、歩いて来た山々を見る。
あれが多分烏帽子岳。

130914国見29
烏帽子岳の右方向に狗留尊山の電波反射塔が見える。
・・・あそこまで戻るんだよね。

130914国見30
サクサク歩いて、朝休憩した鉄塔まで来た。
端折って書いてるけど、鞍掛峠~三国山~烏帽子岳の縦走路は不明瞭でかなり厄介。
歩いている人の記事を良く見掛けるけど、不慣れな人が歩くルートじゃない。

130914国見31
烏帽子岳方面。
結構登り返す。

130914国見32
狗留尊山方面。
まだかなり歩くよ。

130914国見33
がっつり下って

130914国見34
がっつり登る・・・

130914国見35
歩いてきた三国山方面を振り返る。
えーと、どれが三国山だったっけ?

130914国見36
朝間違えた分岐から急登して烏帽子岳。
烏帽子岳は登山者多いだろうな。って思ったら誰も居ねー!
今日会ったのは鹿さん(沢山)のみ。

130914国見37
烏帽子岳は眺め良いんだけどね。今日はガスってますね。

130914国見38
サクサク歩いて、狗留尊山の電波反射塔見えてきた。
烏帽子岳~狗留尊山間の登山道はは比較的明瞭でマーキングもしっかりしていて安心する。

130914国見39
狗留尊山の電波反射塔から。
ガスが晴れて眺めが良い。

130914国見40
狗留尊山の電波反射塔から三国山方面。
位置的に考えて、多分右のピークが三国山で、左のピークが最高点かな。

ここまで戻れば後は時間が読めそう。
時間に追われて朝からずっと歩きっ放しだったのとお腹がペコペコだったので狗留尊山で遅い昼食を摂っていると、この日初めて出会う登山者、青年Mさんが登ってきた。
「烏帽子岳はどっちですかね?」って尋ねるので教えてあげたけど、今日はやめておくって断念してた。
この時点で13時過ぎてるし、破線のルートだし、不慣れな登山道ならそれが賢明かも。
一緒に下ってきたけど、まさか登山者が1人だけとは思わなかったな。



登山道について
長楽寺から狗留尊山
山と高原地図では破線のルートになっているのでちょっと心配したけど、登山口もルートも明瞭で迷う事は無かった。
割と手を入れられている登山道。
比較的短時間で登れるけど、林道を車で進むのは止めておいた方が無難。

狗留尊山~烏帽子岳
マーキングされていて迷いにくい。
電力用鉄塔の保安巡視路を歩くけど、所々分岐が有る。
登山道は尾根を進むので、尾根を下るのは間違い。
マーキングが有るので、それに従って尾根沿いに進む。
割と明瞭で、比較的歩きやすい。
烏帽子岳に登る一般的な細野ルートではちょっと物足りない場合、狗留尊山経由で歩くのも良いかも。
ただ、狗留尊山山頂から烏帽子方面に向かうしょっぱなと、烏帽子岳から狗留尊山(三国山)方面に向かう所が不明瞭で迷った。
狗留尊山山頂からは、烏帽子岳に向かって左寄りの藪の踏み後を辿る。
烏帽子岳から三国山方面に下る時はやや右寄りを歩いて尾根を外れない様に。

烏帽子岳~三国山
アップダウンが激しく、登山道は歩きにくく、不明瞭な所も多い。
マーキングは乏しい。
体力を消耗するのと、ルートファインディングの為精神的に疲労する。
烏帽子岳から三国山に向かうのも、三国山から烏帽子岳に向かうのも、どちらも疲労する。
歩くなら、時間と体力に余裕を持って。
また、地図(地形図)とコンパスは必須。
登山道は尾根沿いを歩くけど、時折向きを変える所が有って間違えやすい。

三国山~鞍掛峠
アップダウンが激しく、登山道は不明瞭な個所も有り、マーキングも乏しい。
尾根沿いに歩くけど、支尾根が交差する広い所は迷いやすい。
うっかり支尾根に下って行ってしまいそうになった。
地図とコンパスは必須。
マーキングは乏しいけど無い訳じゃない。
踏み跡が不明瞭でしばらく歩いてもマーキングが出てこない場合は間違えたと思って良い。
ルートを間違えていなければ、踏み跡かマーキングが必ず出てくるはずだから。

鞍掛峠分岐~焼尾山
登山道は明瞭で歩きやすい。
山頂に標識は無い。多分。

夏場の鈴鹿山系はヒルが心配だけど、道中見かけなかった。

感想
狗留尊山への登山道は破線になっていたから少し心配だったけど、実際には明瞭でマーキングもしっかりしていて迷わなかった。
ただ、烏帽子岳から三国山、三国山から鞍掛峠方面の縦走路は迷いやすくて危なっかしい。
山と高原地図にも(迷)マークが付いているけど、メジャーな山だし迷わないだろうって気楽に考えてた。
実際にはルートファインディングにかなり神経を使う。
視野を広くして、薄い踏み跡を見失わないようにしながら点々とするマーキングを確認しつつ歩く。
ルートに神経をすり減らすけど、登山道自体も結構ハードで体力的にも消耗する。
今回の行程は距離も高低差も大した事は無いけど、実際にはかなりくたびれた。
時間に余裕が無いのが一番堪えたかも。
ただ、登山者が全然居なくてとても静かだった。
ハードで不明瞭な登山道も、アドベンチャー的と捉えればそれはそれで面白い。
時間と体力に余裕が有れば楽しめるかもしれない。


オマケ
熊避け壊れた。
登山者が少なそうな登山道だったから熊避けの鈴を持って行ったんだけど、チリンチリン言わない。
手で振り回しても鳴らない。
見ると、鈴の中の玉が無くなってた。
以前壊れて修理したんだけど、また壊れたみたい。
今回は玉が無くなってしまったから、何か適当な玉を見つけないと・・・


ヒルが心配でスパッツ着けて歩いてたんだけど、余りの暑さに靴の中が汗だくでぐっしょりだった。
疲労とルートファインディングでヒルどころじゃなかった。


スポンサーサイト


山行記録 | 20:26:15 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
昨日は
どうも(^-^)

昨日は、あまりに人の気配なく、寂しい感じだったので、お見かけした時はホッとしました(笑)

ブログ拝見しますと、結構グイグイ登られる感じなんですね!

僕は体力なくて休みまくりですが(^^;、でも山の匂いとか木漏れ日とか、やっぱ山ってイイですよね☆

お互い怪我や事故のないように楽しみましょう(^-^)/
2013-09-15 日 10:08:02 | URL | M [編集]
Re: 昨日は
Mさん>

お疲れ様でした。
烏帽子岳は細野コースから登ると、道も明瞭で登山者も居るので安心感有りますよ。
駐車場も広くてトイレと東屋も有るので便利です。
これから涼しくなるのでまたチャレンジしてください。
2013-09-16 月 09:33:17 | URL | ことけけ [編集]
リベンジ
ことけけさん、ちわぁ(^-^)/
(何故ゆえ、ことけけさん?)

今日、烏帽子岳リベンジしてきました(^^)v
でも、ルートが別で、細野登山道(※上石津側から登る)っていう道が結構整備されてるルートですけどね(^-^;

なかなか急斜でキツかったけど、気持ち良かった!
これから、登山には最高の季節ですね☆
2013-09-22 日 16:13:04 | URL | M [編集]
Re: リベンジ
Mさん>

こんにちは。
秋晴れの良い天気でしたね。
烏帽子岳もなかなか眺めが良かったんじゃないでしょうか。
まずは無難なルートで歩く事に慣れると良いと思います。
烏帽子岳の細野ルートは良く整備された迷いようの無い登山道ですが、冬になると全然違います。
そうそう、地図とコンパス持ってって下さいね。

僕は今週は行きそこねました。
そろそろ高山が厳しくなってくるので来週に期待します。
2013-09-22 日 20:03:05 | URL | ことけけ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。