■プロフィール

ことけけ

Author:ことけけ
目指すのはジャンガリアンな生き様。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
遭難するかと思った
週末は微妙に用事が有って山登りに行けなかった。
仕方ないので、空いた時間に自転車漕いできた。

131006池田山1
今回も池田山に上る。
まったく自転車で山上るなんて物好きだよなぁ。
って思ってたら、道中4人ほどサイクリスト見かけた。
世の中物好きが居るもんだ。
僕がはぁはぁ言いながら上っている横を、ロードバイクで抜かしていったサイクリストが居た。
結構な速度差だった。
自転車の違いもあるだろうけど年齢は僕よりも上っぽかったし、本来の自転車のパフォーマンスってあんなものなのかもって感心したり。
日曜日ということもあって車やバイクがちょくちょく通るけど、パラグライダーのスロープ辺りを過ぎると一気に人が居なくなる。
画像は池田山山頂を過ぎて春日(関ヶ原)方面に向かう所。
今回は時間に余裕が有るから、池田山に上り、尾根伝いの林道を通り、関ヶ原に抜けて戻るという計画。


131006池田山2
ほとんど車通らないのに、綺麗に舗装されてる。
意味が有るのか無いのか・・・
それはさておき池田山山頂からは尾根伝いに平行して走るのかと思いきや、結構アップダウンがある。
バイクの知り合いのおじさんの話では、「結構下って少し上るけど大丈夫じゃね?」って言うから安易に考えてたけど、ガッツリ下って、微妙な傾斜で上りが続く。
ああぁ・・・バイクでは「ちょっと」の上りでも、自転車では鬼のようだわ。
看板見ると、現在地は丁度真ん中辺り。
ヤバい。
遭難する。
自転車だから危機感無かったけど、平坦な市街地を走るのとは訳が違う。
池田山上るのに体力を使い果たした。
一旦上れば後は下るだけだろうっていう考えが甘かった。
下ればコンビニ有るからって、食事も全く持ってこなかった。
もちろん山の中だから、自販機もコンビニも何も無い。
想像以上の上りに、持ってきたお茶も体力も残り少なくなっていく・・・
かといって、既にガッツリ下った後だから引き返すにも引き返せない。
まぁ、最悪歩いても良いんだけどさ。


131006池田山3
ヘロヘロになってようやく分岐までたどり着いた。
右に行くと春日村方面(現在工事中で完全に通行止め)。
左に行くと明神の森経由で関ヶ原。
なんだけど、ここから更に上り・・・(´□`。)
バイクや車だと何てことない上りなんだけど。


131006池田山4
ようやく明神の森の小屋。
ここからは完全に下りオンリーだから、何とか遭難せずにすんだ(´∀`)
良い眺めですね。
道中も濃尾平野一望とか、伊吹山が望めたりして良い道なんだけど、そろどころじゃなかったよ(-""-;)
下ってしまえば楽。
関ヶ原から自宅までもそこそこの距離は有るけど平坦路だから大して苦にならない。
いやぁ、坂はナメたらあかんよ。
あんまり無謀な行程組むのはやめようね。



さて、しこたま自転車漕いで、いやもう充分運動したやろ。山登りしなくても充分やろっていう位運動して満足と言えば満足なんだけど、ただ1つだけ、車が困る。
今回だけで2、3回轢かれそうになった。
ちゃんとキープレフトで走ってるのに、突っ込んできたりギリギリ幅寄せしたり。
山道は見通しも悪いしカーブばかりだし、道幅も広くないから仕方ないとは思うものの、帰りの市街地で後ろから来たオバハンの軽自動車が、もうハンドルバーにぶつかるかと思うくらい寄せてきたのには流石にカチンときた。
勘弁してくれよ。軽自動車の車幅すら分からんのかいな。マジ殺される。
にわかサイクリストのマナーについて問題になってるけど、いやいや車もアカンやろ。
絶対数で言えば、アカン車の方が圧倒的に多いだろ。
車やバイクで一日に2、3度事故りそうになるなんて事はまず無いし。
ちゃんと避けてくれる車も沢山いるんだけどね。最後の最後で凄く嫌な感じ。
自転車の保険も入らないと危ないかも。



スポンサーサイト


ブログ | 16:54:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。