FC2ブログ
 
■プロフィール

ことけけ

Author:ことけけ
目指すのはジャンガリアンな生き様。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

93番目のキミ   珈琲屋の人々


93番目のキミ93番目のキミ
(2013/04/18)
山田 悠介

商品詳細を見る


人々の生活を助け、より快適にしてくれる“スマート・ロボット"が発売された。後継機となる「スマロボII」は、“相棒アプリ"をダウンロードすることで驚きの機能を発揮する。大学生・ナリタは驚異のロボットを入手してキャンパスライフを楽しんでいたが、ある姉弟との出会いが、ナリタたちの運命を変えていった――2人は絶望する弟を救えるのか。そしてその先に待ち受ける涙の結末は?

★★★★☆

レビュー
ロクデナシな大学生のナリタがロボットを通じて成長していく話。
設定が面白そうだから読んでみた。
面白くて非常に読みやすい。1日で読んでしまった。
殺伐としていないし、殺人も起きないし、ミステリーも無い。
けど面白い。
これは児童書にしても良いくらい。
唯一気になったのは、主人公の設定。
チャラ男にするならチャラ男オンリーにして欲しかったし、ロボットオタクにするなら引篭もりにするくらいの設定にしてくれないとブレちゃってて違和感を感じる。
まぁ、それでも面白かった。
単行本で買いたいとは思わないけど。







珈琲屋の人々珈琲屋の人々
(2009/01/21)
池永 陽

商品詳細を見る


東京は下町の商店街にある『珈琲屋』。主人の行介はかつて、ある理由から人を殺していた……。心に傷を負った人間たちが、『珈琲屋』で語る様々なドラマを七編収録。情感溢れる筆致が冴える連作集。読み終えると、あなたはきっと熱いコーヒーが飲みたくなる。

★★☆☆☆

レビュー
さびれた商店街の喫茶店を中心にして、商店街+αの人々の問題を浮き彫りにしていく。
設定は面白いんだけど、人物像が薄っぺらく感じてしまう。
主人公にも違和感を感じる。
そもそも、人を殺す必要が有ったのかどうか。
「人を殺した」という非日常性から他の登場人物に対する説得力を得ている反面、人を殺しているという事で読者が主人公に対して感情移入出来ない。
殺さなくても設定次第でもっと掘り下げられそうな感じがするんだけど。
いくつかのエピソードに分かれている短編集の様な構成なので読みやすいんだけど、読み進めるのが億劫になった。


スポンサーサイト





レビュー | 08:09:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する