FC2ブログ
 
■プロフィール

ことけけ

Author:ことけけ
目指すのはジャンガリアンな生き様。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
小倉山(養老) 元旦登り初め
(注意) コースタイムや状況、使用道具類等の情報は、今後の私的なデータベースとする物で一般的には信頼性に欠ける物です。参考にされる場合は充分注意して下さい。



2014年1月1日(水) 曇り
小倉山(養老山脈)に登る


04:30 養老公園駐車場
05:00 林道入口
05:10 登山口
06:00 三方山
06:10 笹原峠 微風 -1℃
06:30 小倉山 弱風 -1℃
07:55 登山口
08:00 林道入口
08:20 駐車場 無風 1℃


駐車場発~駐車場着 約7.7km 3時間50分(休憩含む)
駐車場:標高91m  最高点:標高841m 標高差750m

道中の飲料水 0.3L(コーヒー)

着衣(上) 長袖インナー(×2着替え分)長袖シャツ 薄手の上着 ウインドブレーカー 防水防風パーカ ULダウン(未着用)
着衣(下) 化繊のズボン
靴 トレランシューズ 冬用スパッツ


140101小倉山18
今回のルート。
山旅ロガーでGPSのログを取り、カシミールで表示させています。
カシミールを使って地図を作る手順をまとめたので 、必要な方はそちらを参照下さい。



元旦に初日の出を見に行こう。
去年は養老の三方山に行った。養老は比較的登りやすく、東向きに開けているから良かった。
今年はもう少し違う趣向で行きたかったんだけど、昼から用事が有るので時間も掛けられず無難に養老に登る。
今回は三方山を通り越して小倉山まで行く事にする。

140101小倉山01
養老公園の駐車場に車を停めて準備。
他に車が1台だけ。
4:30出発。
養老公園からだと、養老山の登山口が非常に分かり難い。
ここを右に登るんだけど標識もなく、暗闇の中で判別するのはかなり困難。

真っ暗な中で人の声が聞こえてきた。
若者グループが養老の滝まで行ってきたみたい。
何故元旦の夜明け前に養老の滝なのか分からないけど、「おはようございます」とか、「あいけましておめでとうございます」とか挨拶された。
なんかすごい好青年。

140101小倉山02
30分ほど歩いて滝の上の駐車場。
去年も歩いたのに間違えそうになる。
駐車場は誰も居ない。
丁度車が一台入ってきた。
先に誰かが歩いている気配がない。今年は人少なそう。

滝の上の駐車場を少し戻ると登山口(林道入口)。
林道を道なりに歩く。
林道途中分岐が有るけど、左に下る(右は笙ヶ岳方面/現在通行止め)。
川を渡って登山口。
ジグザグに斜面を登る。
この時点から雪が有る。踏み固められていて滑りそう。
出発してから1時間半で三方山。
誰も居ない。時間が早いからなのか、天気がイマイチだからなのか?
三方山を通り過ぎて笹原峠。
ここからはさほど急斜面は無いだろうから、汗ばんだシャツを着替える。
汗をかくと待ち時間で冷えるからかなりゆっくり歩いているのに、看板通り峠から20分で小倉山に着いてしまった。
去年は結構登山者見かけたのに、誰も居ない。
小倉山山頂は整備されていて東屋も有るんだけど、西寄りに有るから風を受ける。
風はそれほど強くないものの浴び続けると冷えるから、東寄りで風を避けて休憩。
道中は真っ暗なので画像無し。


140101小倉山03
明るくなってきた。
小倉山から三方山を望む。
結構登ってきてるんだ。
雪がパラついてる。天気がイマイチ。
後からソロの若い男性が2人登ってきた。
1人はトレランの格好。
その格好で日の出を待つのは寒そうなんだけど、そんな素振りでもない。若いってスバラシイ。

去年の失敗から、今年は防寒対策しっかりしてきた。
食事を摂る余裕も有るし、日の出までの待ち時間も苦にならない。

140101小倉山04
んだけど、肝心の日の出が・・・
天気予報では6時辺りは晴れだったから見れると思ったんだけど。
小降りだから薄っすらとでも見えないかな?って期待してみたけど見えなかった。

140101小倉山05
仕方ないので下る。
日の出は見れなかったけど、低山なのに雪山の雰囲気で面白い。
去年は雪無かったからね。

140101小倉山06
小倉山から笹原峠。
こんな感じ。

140101小倉山07
明るくなった笹原峠。
誰かが作った雪だるまがある。
峠の先で二人組の男性とすれ違う。

140101小倉山08
三方山まで下る頃には太陽見えないかな?って思ったけど無理。
三方山は登山者で賑わっていた。
ここまでは結構登ってたんだ。

140101小倉山09
三方山から雪の中を下る。

140101小倉山10
急な斜面のつづら折れ。
雪は緩み始めているけどスリッピー。
滑ると転げ落ちそう。
そんな中を小倉山で会ったトレランのお兄さんが駆け下りていった。

140101小倉山14
滝の上の駐車場まで下ってきた。
歩いてきた山を振り返る。
三方山も小倉山もあの尾根の奥だからここからは見えない。

140101小倉山15
ついでに養老の滝も見物してく。
朝から滝見物する様な物好きも居ない。静かな滝。

140101小倉山16
滝から流れる川も雪景色。
結局初日の出は拝めなかったけど、静かな山歩きが出来て良かったよ。

着替えて駐車場を出る頃、駐車場の管理人が用意をしてた。
9時頃からは料金徴収されるかもしれない。



アクセス
県道56号線 養老公園東交差点を西へ。
道なりに進むと養老公園駐車場が有る。料金は300円。
途中、養老の滝という看板を右に登ると養老の滝の上の駐車場へ行ける料金は平日500円、土日祝日1000円。


養老公園の駐車場からだと相変わらず登山口までが分かりにくいので、簡単に書いとく。
日の出を見に行くなら、滝の上の駐車場に停める事をお勧めする。

140101小倉山17
養老公園駐車場から道なりに進むと、リフト乗り場が現れる。
右手の階段(橋)を進んでリフト乗り場方面へ。
うっかり進み過ぎると橋が有って川を渡ってしまう。橋を渡るのは間違い。
リフト乗り場を通り過ぎてしばらく進むと、右に登る階段が有るのでそこを登る。丁度ほこらが有る辺り。
ここもうっかり進み過ぎると橋が有る。橋を渡るのは間違い。
階段を登ると旅館の裏手に出る。
旅館を通り過ぎて階段を進むと、滝の上の駐車場に出る。
駐車場を出て道路を少し東へ戻ると林道入口が有る(登山道の標識有り)。

140101小倉山12
林道の分岐は左(下り)。
10分ほど歩くと川に突き当たる。
看板に手書きの案内が書かれている。
看板の向こうに見える堰堤まで進み、川に下りる。

140101小倉山11
川の向こう側が登山口。
ここから山登りになる。
登山口から山に入ってしまえば登山道は明瞭で迷う可能性は低い。
ただ、新雪状態だと登山道が分からないかも。
低山だけど、今の時期はアイゼン持って行った方が良い。



オマケ
140101小倉山13
今回初めてSALOMONのスノークロスを履いた。
本格的な雪山ではなくスノーハイク程度の状況だけど、完璧。
雪歩きするには最高の靴だった。
スポンサーサイト


山行記録 | 20:28:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。