■プロフィール

ことけけ

Author:ことけけ
目指すのはジャンガリアンな生き様。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
赤テープは悪か


不明瞭な登山道を歩くと、マーキングを見掛ける事が多い。
迷わないように赤色のテープやペンキ等でルート上に印をつけている。

去年の秋頃に、三重県側から御池岳に登った(木和田尾ルート)。
その時はマーキングが乏しく、思ったよりも不明瞭な登山道だなっていう印象だった。
その後もう一度登った時は、赤テープのマーキングが結構付けられていた。
そして年明けに登った時は、赤テープは全くと言って良いほど残ってなかった。
その時、秋に登った時にやけに不明瞭だと感じた理由が分かった。

不明瞭な登山道を歩く為にマーキングしようか。
マーキングするにはどういう物を使うのが良いのか。
マーキングにはルールが有るんだろうか。
なんて思いながら調べてみた事がある。
すると、意外にマーキングには否定的な意見がヒットした。


僕はマーキングに助けられた事が多いから、マーキングは良い物と思ってた。
マーキングする人の意見としては、


自分が迷いやすかったから他の人の為にもマーキングしておこう

次回登る時の為にマーキングしておこう


などじゃないかと思う。
対して否定派の意見は、


間違ったマーキングに誘導される

マーキングしか見ず、ルートを自分で確認しない

所有者が居る山にマーキングする行為は違反行為


などが有るらしい。
そういう理由でマーキングを除去している人が居るみたいだ。
おそらく御池岳のルート上に有った沢山の赤テープも、そういう人達によって取り除かれたんだろう。




僕が思うに、どっちもどっちな気がした。
そりゃ植林されている杉木や、高圧鉄塔にペンキでマーキングするのは良くないとは思うし、闇雲に大量にマーキングするのもどうかと思う。
だけど、そこまでめくじら立てるべきものなのかな?とも思う。
そもそも登山なんて物好きが勝手にやってる自己責任のアブノーマルな行為じゃないのか。
しっかり整備された登山道ならまだしも、不明瞭なバリエーションルートを歩こうなんて思う人は尚更だ。
それなら、マーキングに惑わされるのも自己責任じゃないのかな。
マーキングの除去活動をしている人達は、地元の人や山の所有者ではなく、正義感を持った登山愛好家な印象を受ける。
要は、登山者の為を思ってマーキングし、登山者の為を思ってマーキングを除去してる。
一概にどちらかを責められない気がする。
それなら「ほどほど」の所で折り合いつけりゃ良いんじゃないの?


マーキングを除去する人達は地形を読む事が出来ると自負している人達で、自分が出来るから登山者はみんなやれって強要している様に思える。
それは理想だけど、すぐさま全ての人が出来る訳ではないし、ある程度の経験も必要になる。
人によって得手不得手の個人差も有る。
マーキングを頼りながら地形図を確認するっていうのは、ソロで登る僕にとっては非常に有効な練習方法だ。
過剰なマーキングはさすがにどうかと思うけど、徹底的に全て除去しようとするのもどうなのかな。
そう思うのは僕がまだテープに頼る様なビギナーだからなのかな。

綺麗さっぱりテープが取り除かれた御池岳の登山道を歩きながら、そんな事を思った。



スポンサーサイト


山登り関連 | 09:24:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。