FC2ブログ
 
■プロフィール

ことけけ

Author:ことけけ
目指すのはジャンガリアンな生き様。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

僕の好きな人が、よく眠れますように

僕の好きな人が、よく眠れますように

中村 航

角川書店

★★★★★


こんなに人を好きになったことはありますか?

どうしようもなく惹かれあう僕と彼女。

だが、ふたりには恋が許されない理由があった…。(本書帯より)



レビュー

この著者の世界観が好き。

この絶対的な恋愛観が好き。

「僕」と「彼女」の軽妙なやり取りが好き。


今までの作品は、絶対的な恋愛だった。

絶対、最強の恋愛。

結末がどうとか、状況がどうとか、そういう事は有っても、「僕」と「彼女」が恋愛する事に何の支障もなかった。

でも、今回はちょっと違う。

2人の恋愛には支障が有った。

それは冒頭部分ですぐに分かる事なんだけど。


どうにもならないくらい好きで

どうにもならない状況で

2人の恋愛は何処に行き着くのかな。


結末に納得できない人も居るかもしれない。

でも、それで良いと僕は思う。


TVも音楽も邪魔に思える位、久しぶりに没頭する小説だった。









評価って当たり前だけど人によって様々です。

小説だって人の好みとか考え方とか、そういうもので大きく左右されるし、現にこの小説も某読書コミュニティでは好評だったけど、別の所では散々だったし。

だから、僕は自分の評価を書き込む前に他人の評価は見ない事にしてます。

自分の評価に絶対の自信が有るっていう訳ではなくて、せっかく自分で感じた事を、他人の評価を見ることで揺らいでしまいそうだから。

僕の評価はあくまで僕の個人的な感想。

僕が5つ★を付けたからといって、みんなも絶賛するとは限りません。

そんな事は当たり前なんだけど。

そして、そんな風にみんなの感じ方が違うから良いんだと思うし。


評価について、僕が読む前に他人の評価を見たくないもう1つの理由に、「バラされる」って事があります。

この小説も「なんで僕と彼女の恋愛が許されないんだろう?」っていうのは、最大の疑問でもあるし、最大の楽しみでも有るし、そこが肝なのに。

なのに、評価の書き込みでバラしちゃう人が結構居ます。

そりゃ無いだろ。

自分は読んじゃってるから良いけど、これから読もうかな?って思ってる人にとっては一番美味しい所を読む前からバラされちゃって興ざめしちゃうよ。

僕がレビューを書く時は、あらすじは書くけど、お楽しみの所はなるべく書かない様にしています。

何の事かよく分からない様な文章になってしまうかもしれないけど、それは興味が有れば読んでもらえば良いだけの事だし。


元々僕のレビューは誰かに紹介したいっていう事よりも、自分が見たり読んだりしてきた物のデータベースとして残したかったからなんだけど、それでも他の人が見る所に自分の文章を載せるんだから、多少は気を遣いますよね。

誰かの、何かの参考になれば幸いです。

スポンサーサイト





レビュー | 21:33:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する